ニコンは2月13日、高級コンパクトデジカメ「DL18-50 f/1.8-2.8」「DL24-85 f/1.8-2.8」「DL24-500 f/2.8-5.6」の発売を中止すると発表した(関連記事「ニコンが一眼レフを超える速写性能の高級コンパクト、18mmからの超広角モデルも」)。発表当初は、2016年6月に発売する予定だったが、画像処理用のICに不具合があることが判明し、発売が大幅に遅れていた。

 「DL」シリーズは、現在デジカメ市場で人気がある1型の撮像素子を搭載する高級モデル。ソニー「Cyber-shot DSC-RX100」「同DSC-RX10」シリーズなどのライバルという位置付け。“ニコンの高級コンパクト”としてファンの期待は大きかっただけに残念だ。

 発売中止の理由は、「お客様にご満足いただける商品とすべく、全力をあげて開発に取り組んでまいりましたが、開発費が増加したこと、および市場の減速に伴う販売想定数量の下落等も考慮し、収益性重視の観点から、発売中止を決定いたしました」(ニコンの広報資料より転載)という。

DL18-50 f/1.8-2.8
[画像のクリックで拡大表示]

(文/渡貫幹彦=日経トレンディネット)