カシオ計算機は2017年2月9日、スローモーションを交えたドラマチックな動画を撮影できるコンパクトデジカメ「EX-ZR1800」を発表した。

EX-ZR1800
[画像のクリックで拡大表示]

 同機の特徴である「ドラマチックスロー機能」は、動画の“見せ場”だけをスローモーションで記録するもの。動画撮影中に見せ場が来た瞬間にムービーボタンを押すと、その前後がスローモーションで記録される。野球のバッティング、サッカーのシュートなどスポーツの見せ場をスローモーションで記録すれば、メリハリのあるドラマチックな動画に仕上がる。

 基本スペックは、撮像素子が有効画素数1610万の1/2.3型CMOS(裏面照射型)、レンズが35mm換算の焦点距離が25~450mmの光学18倍ズームとなっている。発売日は2月24日で、実売価格は3万6500円前後の予定だ。

(文/渡貫幹彦=日経トレンディネット)