IoT製品を開発するライナフが、不在時でも食品の宅配受け取りや家事代行を受けられるサービスを2月下旬から始める。同社が開発したスマホで玄関の鍵の開閉を遠隔操作できるシステムを活用し、東京都大田区の賃貸マンション「ジニア大森西」の入居者向けに提供する。宅配サービスである生活協同組合パルシステム東京、クリーニング宅配のリネット(ホワイトプラス)、買い物代行と配達のhonestbee、家事代行サービスのタスカジ、ベアーズの5社と提携してサービスを利用できるようにする。

 『サービスが入ってくる家 プロジェクト』と名付け、新たな需要を開拓する。入居者は個別に各サービスと契約して、宅配や家事代行サービスなどを利用できる。例えば食品の宅配なら、不在時でも玄関の中まで荷物を届けてくれる。宅配の担当者が荷物を届けに来たときに居住者が不在なら、専用コールセンターに電話にして部屋の解錠を依頼する。オペレーターが24時間体制で待機しており、サービススタッフの本人確認をして、玄関のドアを開ける仕組み。玄関はいわゆる土間のようになっており、居室との間には錠前付きの室内扉がある。担当者は玄関先までは入れるが入居者の部屋に入る場合は、居室への鍵も解錠してもらわないと入れない。

 ライナフが開発してこれまで会議室など向けに提供してきた「NinjaLock」システムを利用する。2月下旬に竣工する「ジニア大森西」の共有エントランス部にオート解錠システムのスマートエントランス「NinjaEntrance」を設置。全36室に「NinjaLock」システムと監視用のクラウドカメラを設置する。入居者はスマートフォンの「NinjaLock」専用アプリで、自室の玄関ドアの開閉履歴を随時確認できる。

玄関のドアのほか、室内への扉にも鍵がついている。家事代行サービスなどの場合は室内への扉も開けて入ってもらう。クラウドカメラが入退室を監視
[画像のクリックで拡大表示]
「NinjaLock」を会議室のドアに付けたところ
[画像のクリックで拡大表示]
スマホで鍵の開閉ができる
[画像のクリックで拡大表示]