パナソニックがミラーレス一眼のフラッグシップモデル「LUMIX DC-GH5」を国内で正式発表した。独自の「6Kフォト」などの新機能が注目される
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックは2017年1月25日、マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼「LUMIX DC-GH5」を発表した。同社のフラッグシップとなる高性能モデルで、映像制作や放送などプロフェッショナルの現場でも活躍する高性能な4K動画撮影機能を備えたのが特徴。4K動画から高精細な写真を切り出す「4Kフォト」は、6K動画から18メガ相当の写真を切り出す「6Kフォト」に改良した。新開発の撮像素子と画像処理エンジンを搭載することで、画質やオートフォーカス性能も大幅に高めた。動画撮影と写真撮影の両方を高いレベルでまとめつつ機動力を高めたミラーレス一眼として、プロやハイアマチュアの獲得を狙う。

 価格はオープンで、予想実勢価格はボディー単体モデルが24万円前後、標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH.」が付属するレンズキットが27万円前後。発売はいずれも3月23日。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
GH5は、写真撮影と動画撮影の両方の機能を高め、写真家も映像制作のプロも満足できるカメラに仕上げた

4K動画はミラーレス初の60pに対応、ボディー内手ぶれ補正も搭載

 GH5の撮像素子は有効2033万画素のLive MOSセンサーで、データの読み出し速度を向上させることで4K/60pのなめらかな4K動画撮影に対応するとともに、高速で動く被写体がゆがむローリングシャッターゆがみを抑えた。4K/60pの撮影に対応したミラーレス一眼は世界初となる。

GH5は撮像素子と画像処理エンジンをともに一新し、データ転送の高速化や画質向上を図った
[画像のクリックで拡大表示]
4K動画は、映像制作現場で使われる4:2:2 10bit記録にも対応。一般ユーザーにはあまり関係ないが、プロには重要なポイントとなる
[画像のクリックで拡大表示]

 4K動画撮影は、撮像素子全域の情報を利用して4K動画を生成するので、交換レンズの焦点距離がそのまま適用できる(従来モデルのGH4は中央部の領域を切り出していたので、望遠寄りになった)。広角レンズならではの遠近感や迫力を生かして撮影できる点は注目できる。色情報が多くプロの映像制作に向いた4:2:2 10bit記録の4K動画撮影にも対応した。4K動画の記録時間に制限はない。

 新たに、ボディー内手ぶれ補正機構を搭載し、手ぶれ補正搭載レンズと組み合わせることで最大5段分のぶれ補正が可能な「Dual I.S. 2」に対応した。

オートフォーカスの測距点はGH4の49点から225点へ大幅に増加。測距点をスムーズに移動できるよう、新たにジョイスティックを搭載した
[画像のクリックで拡大表示]
ジョイスティックは8方向タイプで、ファインダー接眼部の右側に搭載する。富士フイルムのミラーレス一眼でも同様のデバイスが採用され、操作しやすいと評価されている
[画像のクリックで拡大表示]