パナソニックは2018年1月25日、モバイルノートPC「レッツノート」シリーズの春モデル4機種を発表した。2月16日より順次発売する。注目は、光学ドライブを搭載し、画面サイズが12.1型の「レッツノートSV」だ。人気の高いレッツノートSZをフルモデルチェンジした後継機種となる。

発表会では、イメージキャラクターを務める女優の比嘉愛未さんが登場。レッツノートSVについて「デザインはあまり変わっていなけれど中身は妥協なく進化している。私も見習いたい」と語った
[画像のクリックで拡大表示]

中身を一新した「レッツノートSV」

 レッツノートSVは、最軽量モデルで1㎏を切る軽さ、堅ろうなボディー、高い拡張性といった特徴をレッツノートSZから引き継ぎ、インテルの最新CPUである第8世代Coreプロセッサーを搭載することで処理性能を向上させた。

パナソニックの12.1型モバイルノート「レッツノートSV」。光学ドライブ搭載で、第8世代Coreプロセッサー、Thunderbolt 3対応、顔認証対応などが特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 モバイルノートとしては非常に高い拡張性も特徴で、これまでレッツノートSZが備えていた端子類に加えて、Thunderbolt 3対応のUSB3.1 Type-Cを新たに備える。接続機器と大きな電力をやり取りできるUSB PD(Power Delivery)にも対応する。

Thunderbolt 3対応のUSB3.1 Type-Cを新たに備え、合計4つのUSB端子を備える。アナログRGB、HDMI出力、有線LANも搭載
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレー上部のカメラは顔認証機能に対応。パスワード入力なしで、スピーディーにサインインできる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、カメラを使ったWindows Helloの顔認証によるサインインに対応。内蔵スピーカーはステレオスピーカーになり、Skypeなどで通話するときに相手の声を聞き取りやすくなった。ディスプレーの解像度は1920×1200ドット。バッテリー駆動時間は最長約21時間となっている。

 店頭販売向けの6モデルとWeb直販モデルがあり、店頭販売モデルは全モデルにマイクロソフトOffice Home and Business 2016が付属し、実売価格は22万5000円前後からとなっている。Web直販モデルでは、最大1TBのPCIe接続SSDや16GBメモリー、ブルーレイドライブなどを選択できる。