1970年に世界初のダイレクトドライブ方式のターンテーブル「SP-10」を産み出し、ロングセラーモデルとなった「SL-1200」(1972年)をはじめとする数々の名機を発表してきたTechnics。6世代目となるMK6までに累計350万台以上ものセールスを記録したSL-1200シリーズに、新たなフラッグシップとなるSL-1200Gが9月9日に発売される。

Technics Gland Class SL-1200G
ダイレクトドライブターンテーブルシステム。メーカー希望小売価格、33万円(税別)※カートリッジは本体に付属されていません。http://jp.technics.com/products/1200g/
[画像のクリックで拡大表示]

 SL-1200Gは、安定した回転を実現する新開発のコアレス・ダイレクトドライブ・モーターを搭載。ターンテーブルプラッターは前機種比2倍以上の重量と3層構造に加え、わずかな振動やノイズの原因も除去するバランス調整が行われている。さらに、精密な削り出しと調整により、高精度に盤面をトレースするマグネシウム製トーンアームを採用。最新の技術と伝統の技を融合した、音楽のエモーショナルさを伝える一台となっている。

 アナログレコードの価値が再確認されている中、満を持してSL-1200Gを世に問うTechnics、日本で唯一レコード盤製造を行う東洋化成、ダイヤモンドレコード針の世界シェア80%以上を持つナガオカ。この3社がコラボレーションし、アナログレコードの復権を推進する「レコード再発見プロジェクト」を始動。発売に先立って、メディア関係者に向けた東洋化成のレコードプレス工場の見学イベントが行われ、SL-1200Gの試聴と共に、シンガー土岐麻子さんが登壇。味わい深いSL-1200Gの音色に酔いしれた。音楽ファン、オーディオファンに向けても、Made in Japanの素晴らしさ、アナログレコードの良さを伝えていくイベントなどが随時展開されていく予定だ。

発売に先立ち、「レコード再発見プロジェクト」の一環として、東洋化成のレコードプレスの見学イベントが行われた
[画像のクリックで拡大表示]
当日のイベントには、Technics、東洋化成、ナガオカの3社の開発担当者に加え、シンガー土岐麻子さんも登場
[画像のクリックで拡大表示]
東洋化成のカッティングエンジニアによる、マスター(ラッカー盤)へのカッティング作業
[画像のクリックで拡大表示]

 9月9日までに、SL-1200Gを予約購入された方すべてに、Technicsオリジナルレコードをプレゼントするキャンペーンを実施中。