のんびり、堅苦しくなく、おおらかであること、ゆったりした時間を過ごせること。帰る場所である家には、そういった余裕が欲しい。

 日本の形を大切にしながらも、日本人の本当の感性を見つめた、究極のバランス感覚「いい加減」。“でたらめ”という意味ではなく、程よい加減を極めた家が、ログハウスなど個性豊かな木の家で知られるBESSの『程々の家(ほどほどのいえ)』特別モデル〈倭様 「八風」(やまとよう やつかぜ)〉だ。

室内と庭をつなぎ、開放感がある広縁(ひろえん)
[画像のクリックで拡大表示]
天井の白壁と、大きな窓がある明るい空間のリビング
[画像のクリックで拡大表示]

 『程々の家』<倭様 「八風」>の特徴は、日本らしさを感じさせながら、くっきり・はっきりではないところ。「家の外と内とを、はっきり分けなくてもいいのでは?」――そんな疑問から始まったのではないかと思わせる“つながった空間”が広がる。

雄大な傾斜の甲羅屋根と、誘い込まれる広縁
[画像のクリックで拡大表示]
土間は玄関でもあり、リビングでもある
[画像のクリックで拡大表示]
明るく風通しの良い広々キッチン
[画像のクリックで拡大表示]

 玄関を開けると、広々とした土間。土間を中心に、そのままリビング、ロフト、テラスではなくあえて広縁(ひろえん)が連続していく。その広縁は室内と庭とをつなぎ、気候の良いときには扉を開け放ちたくなりそう。リビングは、深みと木のぬくもりが、室内の倭(やまと)らしさと明るさを引き立ててくれる。

 いい意味での隙があり、自由を感じさせる、そんな家なのだ。

(文/宮坂太郎)