3月27日(火)に、パナソニックの「衣類スチーマー」と、ファッションブランドの「ランバン オン ブルー」がコラボレーションしたファッションショー・ランウェイパフォーマンス、「Esprit de LANVIN en Bleu “Runway Performance” Supported by Panasonic Fashion Steamer」が東京・天王洲アイルの寺田倉庫で開催された。

ランバン オン ブルーとパナソニックのコラボレーションイベント
[画像のクリックで拡大表示]

 「ランバン オン ブルー」のランウェイパフォーマンスは8年ぶりの開催。ブランドコンセプトにもある“CHIC et GAVROCHE”(シックで生意気)な遊び心を、スタイリストSHUN WATANABE氏とヘアメイクアーティスト カモ・カツヤ氏がタッグを組み、2018年春夏のメンズおよびウィメンズコレクションのアイテムを用いて、最大限に表現した。

ランバン オン ブルーのランウェイショー。本田翼、高橋愛、ヨンア、AMIAYAなどといった豪華ゲストが多数来場していた
[画像のクリックで拡大表示]

 ランウェイショーまでの待ち時間を盛り上げたのが、パナソニック「衣類スチーマー」を使ったインスタレーション「The “steam work” moments」。白衣を着たメンズモデルたちが「ランバン オン ブルー」の服にスチームをあててシワを整え、それらが空中のレールをつたってバックステージへと運ばれていく。会場内に漂うスチームや次々と運び込まれる衣装が、ショー本番へと刻一刻と近づいていく高揚感を醸し出し、幻想的かつドラマチックに演出していた。

白衣のメンズモデルが「ランバン オン ブルー」の服に、パナソニックの「衣類スチーマー」をあててシワを整える
[画像のクリックで拡大表示]
衣装が次々と、衣類スチーマーによってパリッと美しくなっていく。会場内は演出のスモークが漂い、幻想的な空間となった
[画像のクリックで拡大表示]
美しい衣装が、空中のレールをつたってバックステージへと運ばれる
[画像のクリックで拡大表示]

 全体的にアウトドアのムードが漂うアクティブな今回のランウェイパフォーマンスでは、メンズとウィメンズのアイテムを大胆にミックスさせ、男女のラインを取り払ったジェンダーレスなコーディネートを提案。また、ヘアメイクにもスタイリングのコンセプトが各所に活かされ、今の時代性にマッチした「ランバン オン ブルー」の新たな世界観を拡げていた。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]