目まぐるしく加速する社会の変化は、教育の分野にも及んでいる。特に理工系の人材に求められる能力が激変しているなかで注目されているのが、大阪大学の「インタラクティブ物質科学・カデットプログラム」だ。不透明な時代を切り拓く次世代リーダーを育成するコースとして、多分野の企業から評価される取り組みについて、プログラムのコーディネーターを務める同大学の芦田昌明教授に話しを聞いた。

専門分野「だけではない」人材を育成

カデットプログラムののコーディネーターを務める同大学の芦田昌明教授

「『インタラクティブ物質科学・カデットプログラム』(以下、『カデットプログラム』)は、大阪大学が2013年度から行っている人材養成プログラムです。本学の『大学院基礎工学研究科』『理学研究科』『工学研究科』の3科が協働して、産・官・学で活躍できるイノベーティブな博士人材の養成が目標となっています」と芦田教授は概要を説明する。

同プログラムは、文部科学省が主導する「博士課程教育リーディングプログラム」に沿った内容で、最大の特徴は、理工系人材にありがちな「専門分野の追求一本槍型」からの脱却にある。こうしたプログラムが生まれた背景について芦田教授は、「社会が抱える課題を解決するには、様々な分野の研究者が横断的に協働することが不可欠。また、研究開発を事業化するには、プロジェクトを力強くけん引するリーダーの存在も欠かせません」と話す。

国内企業の研究所や生産ラインを訪問し、研究者やエンジニアと意見交換をする機会も多い
[画像のクリックで拡大表示]

そこでカデットプログラムでは、物質科学に関連する研究室が数多く所属する「物性物理」「物質化学」「材料・デバイス工学」の3つの研究科が連携。物質科学分野の幅広い専門性を身につけると同時に、産・学・官の組織の垣根を超えたリーダーとして、グローバルな舞台で活躍できる博士人材を養成するという、高い目標を掲げたのだという。

[画像のクリックで拡大表示]