NTTドコモは、スマートフォンやタブレット向けに、30以上の専門チャンネルが定額制見放題の映像配信サービス「dTVチャンネル」を1月30日(火)から提供開始。専門チャンネルの内訳は、日本初提供の「ソニー・チャンネル」をはじめ、「ディズニージュニアライト」など、ドラマ、映画、アニメ、趣味といった豊富なチャンネルを、いつでもどこでも見ることができる。

「dTVチャンネル」アプリのアイコンとロゴ

月額利用料金は、ドコモユーザーは780円(税抜き)、それ以外のユーザーは1,280円(税抜き)。さらに同社で展開中の、12万作品以上の圧倒的作品数を配信する「dTV」や、スポーツの試合映像が定額制で見放題の「DAZN for docomo」を、同時に利用した場合はセット割引が適用される。

「dTVチャンネル」と「dTV」を両方利用する場合は、「dTVお得パック」で、ドコモユーザーは980円(税抜き)、それ以外のユーザーは1,480円(税抜き)で毎月の合計額から300円の割引(税抜き)となる。

画面イメージ。
(上)ストーリー・オブ・アス WITH モーガン・フリーマン ©National Geographic
(下)名車再生!クラシックカー・ディーラーズ Credit: Discovery Communications

「dTVチャンネル」はスマートフォン・タブレットで、アプリをダウンロードして映像を楽しむスタイルだが、テレビに接続することで同社の全ての映像サービスを楽しめるセットトップボックス「ドコモテレビターミナル」も1月30日(火)から発売。ドコモの提供する「dTVチャンネル」、「ひかりTV for docomo」、「dTV」、「dアニメストア」、「DAZN for docomo」のほか、YouTubeの再生やGoogle Playからダウンロードしたアプリにも対応する。

ドコモテレビターミナルと付属リモコン商品

番組録画は、USB接続の外付けHDDを利用することで可能。2番組を同時録画しながら、さらに別の番組を視聴することもできるのが嬉しい。専用アプリを使えば、「ドコモテレビターミナル」をスマートフォンから操作でき、スマートフォンからの録画予約などに対応し、外出先や家の別室などの離れた場所から映像コンテンツの視聴も行える。さらに付属のリモコンで、音声によるコンテンツ検索も可能だ。

ドコモの先進技術を活用した新たな映像サービスの提供。ライフスタイルに取り入れてみてはいかがだろうか?

文/酒井志寿花

<サービス・商品概要>
▼提供・発売開始日:2018年1月30日(火)~
▼dTVチャンネル公式サイト:https://www.nttdocomo.co.jp/service/dmarket/tv_channel/
▼dTVチャンネル一覧ページ:https://pc.video.dmkt-sp.jp/ft/p0007104
▼ドコモテレビターミナル公式サイト:https://www.nttdocomo.co.jp/product/docomo_select/tt01/index.html?icid=CRP_SER_tv_channel_to_CRP_PRD_tt01