スマートフォン、LTE対応タブレット、LTE対応パソコンなどで携帯電話回線の通信機能を使うためには、機器側にSIMカードを取り付ける必要がある。SIMカードの中のチップには電話番号などの通信事業者との契約者情報が書き込まれているので、通信事業者を切り替えるときはSIMカードを交換する必要がある。

小型のチップとして機器に内蔵される組み込み型SIM「eSIM」。搭載機器が増えてきた
[画像のクリックで拡大表示]

 「eSIM」(Embedded Subscriber Identity Module)とは、組み込み型のSIMカードで、リモート操作により利用者の手元で通信事業者との契約情報を変更して切り替えできるようにしたもののこと。

 つまりeSIMなら、SIMカードを物理的に取り付けたり交換したりすることなく、携帯電話の契約先を切り替えられる。自分で格安SIMをスマホに取り付けたことのある人もいると思うが、eSIMではそうしたSIMカードの取り付け作業や交換作業をせずに、通信事業者と契約したり変更したりできる。

 SIMカードを交換する手間がなくなるほか、小さいチップ型のものなら場所をとらないので搭載機器を小型化しやすくデザインの自由度が上がる、海外出張が多い人には現地でSIMカードを購入しなくても現地の通信事業者と契約してすぐにインターネットに接続できるなどのメリットがある。

 eSIMはIoTにおいて重要な技術とされている。LTE機能搭載でSIMを組み込んだIoT機器を作るメーカーにとって、これまでは機器を出荷する国の通信事業者に合わせて通信モジュールをカスタマイズして製造しなければならなかったのが、リモートで書き換え可能なeSIMならその手間が不要になる。開発や製造の手間が減り、コストダウンにつながる。

 コンシューマー向けでeSIMを使っている機器には、Apple Watch Series 3(セルラーモデル)などがある。パソコンでは、マイクロソフトSurface ProのLTE対応法人向けモデル「Surface Pro LTE Advanced」が、これまでのSIMカードのほかeSIMにも対応している。マイクロソフトはLTE通信モジュールとeSIMを搭載し、スマートフォンのようにネットワークに常時接続できるパソコン「Always Connected PC」も発表しており、今後モバイル端末やIoT機器でeSIM対応製品の増加が加速していきそうだ。

(文/湯浅英夫)