専門家が「2018年のデジタル製品トレンド」を予測する、日経トレンディネットの1月特集。AV評論家の折原一也氏は、今年2018年をどう予測するのか?

折原一也氏の予測は……
【1】8K放送がついに始まるが、静かな船出となる
【2】オームオーディオ機器がスマートスピーカー対応に
【3】「通信SIM入りヘッドホン」が次の流れに?

「8K」を観るのに必要なモノとは?

 2018年12月1日、フルHDの16倍、4Kの4倍にあたる7680×4320ピクセルの画質で放映する8K放送が、いよいよ「新4K8K衛星放送」という名称でスタートする。

 8Kの画質はどうなのか。既に試験放送が始まっており、イベントや全国のNHK支局で上映が行われているが、画質は4Kとの違いを実感できるほどに美しい。AVファンの視点としては「8Kの超高画質は、4Kと別次元に素晴らしい」と熱弁を振るいたいのだが……。冷静な予想としては、8K放送は静かにスタートすることになるだろう。

8K画質で放映する「新4K8K衛星放送」は2018年12月1日よりスタート
[画像のクリックで拡大表示]
8Kの映像が試験放送されている。素晴らしく高画質だ
[画像のクリックで拡大表示]

 8Kを表示できるテレビは、シャープの「AQUOS 8K LC-70X500」が2017年12月1日に約100万円とギリギリ家庭でも手の届く価格で発売された。ただ、8Kチューナーは内蔵しておらず放送前の発売を待つ段階だ。

 根本的な問題もある。現在でもBS/CSの衛星放送を視聴する世帯は限られるが、2018年12月の新4K8K衛星放送は「左旋円偏波」という新方式で、現在BS/CS放送を受信している世帯でも、さらにパラボナアンテナの新調まで必須なのだ。

 「8Kテレビ」「8Kチューナー」「左旋円偏波対応のアンテナ」まで抜かりなく準備すれば、自宅で8K放送は観られる。だが、それを実行に移す人は一般の家庭では本当に一握りだろう。そもそも「2020年の東京五輪を、8K対応のパブリックビューイングで観戦できる」という姿が従来の予想なのだから、当初は普及しなくても冷静に受け止めるべきだ。

シャープの「AQUOS 8K LC-70X500」が8K表示に対応しているが、8Kチューナーは未搭載
[画像のクリックで拡大表示]
8Kも含めた「新4K8K衛星放送」の受信には「左旋円偏波」のアンテナが必須
[画像のクリックで拡大表示]