この記事は「nikkei BPnet」に2016年9月5日に掲載された「AI開発レースで日本が生き残るためには?」を転載したものです。内容は基本的に掲載日時点のものとなります。

 前回の対談で、日本のAI研究の黎明期、若き研究者たちはどのようにして“知能”の謎に迫ろうとしたか、そして、日本のAIはどのようなプロセスで発展してきたのかについて回想したふたりは、最終回となる今回、これから日本はどんなAIの研究開発に取り組くべきか、日本のAIに勝算はあるのかについて、語り合いました。
これから日本はどんなAIの研究開発に取り組むべきか、日本のAIに勝算はあるのかについて語り合う二人(左:東京大学特任教授の中島秀之氏、右:公立はこだて未来大学教授の松原仁氏
[画像のクリックで拡大表示]
(文・構成/佐保 圭、写真/涌井タダシ、協力/高柳 浩=公立はこだて未来大学 客員教授、撮影協力/日本ビジネスシステムズ)


IT化の障壁は想像力の欠如

――ITはずいぶん前から社会に浸透してきましたが、なぜAIは、最近まであまり話題にならなかったのでしょうか?

中島秀之氏(以下、中島): 世間一般では、AIとITがまったく別のもののようにとらえられているようですが、AIの技術はITを通して世間とつながっているのです。企業の開発者や研究畑にいる人でなければ、AIをダイレクトに使うことはほとんどないので、一般の人にはITを通してAIをみてほしい。

松原仁氏(以下、松原): 流行りの言葉でいうと、うまくいったAIから“卒業”して、“堅気”のITになる(笑)。情報業界のAIは、極端に言えば、いつも“アウトローなこと”をやっている分野なので、難しいことがいろいろあるし……。

中島: そういう意味では、マスコミとうまく組んでいきたい。研究者はアナウンスがうまくできないから。

松原: 反省の意味もこめて言うと、新たなITが世間で注目されても、AIの研究者は「それって普通のことでしょ?」と思ってしまうから、あまりアピールしてこなかった。けれど、本当は「そのITは、AIから派生したものですよ」って、もっと主張するべきだったのかもしれない。

中島: ただ、そういうのも、なんだかイヤだな(笑)。

松原: 研究者の美的センスからいうとイヤですよ。たしかに、そういうのはひとが気づくもので「自分が、自分が」っていうのはどうも……。でも、現実的に、研究者がアナウンスすることを怠ってきたことが、AIの本質を理解してもらえない原因の1つかもしれない。

中島: もう1つの理由は、ITやAIを利用する側の現状にもあると思う。もっと想像力を働かせてみてほしい。特に年配の人たちは、つい「現状がすべて」だと思ってしまう。たとえば、今「ITの活用」というと「インターネットを使って」となる。そうではなくて、たとえば会社でも「自分たちがやっているルーティンの仕事は、なぜこうなっているんだろう?」って考えて、ITで現状の仕事をどう変えられるのか、考えてほしい。

[画像のクリックで拡大表示]
中島秀之(なかしま・ひでゆき): 東京大学大学院情報理工学系研究科 先端人工知能学教育寄付講座特任教授、公立はこだて未来大学名誉学長。1952年、兵庫県生まれ。
1983年、東京大学大学院情報工学専門博士課程を修了後、同年、当時の人工知能研究で日本の最高峰だった電総研(通商産業省工業技術院電子技術総合研究所)に入所。協調アーキテクチャ計画室長、通信知能研究室長、情報科学部長、企画室長などを歴任。
2001年、産総研サイバーアシスト研究センター長。2004年、公立はこだて未来大学の学長となり、教育と後輩の育成、情報処理研究の方法論確立と社会応用に力を注ぐ。2016年3月、公立はこだて未来大学学長を退任後、同年6月、同大学の名誉学長に。