風呂でも安心して使えるバスタイム専用メガネ

アイガン お風呂用メガネFORゆ

 メガネのフレームは金属かプラスチックに大別できる。金属はサビに弱く、プラスチックは熱に弱いため、基本的にバスルームに持ち込むことは避けたほうがいい。

 アイガンの「FORゆ」は、メガネを掛けたままバスタイムを楽しめる風呂専用のメガネだ。金属を一切使わず、フレーム・レンズともに耐熱温度が120~130度まであるポリカーボネートを採用。レンズには曇り止めコーティングが施されている。度数は近視が4段階、遠視が1段階の5タイプがある。

 今はバスルームでも見られるテレビが手ごろな価格で手に入る。このメガネがあれば湯船につかりながらゆっくりテレビを楽しめる。温泉旅行の露天風呂でも足元が見えて安心。景色を眺めながら快適に過ごせそうだ。

[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク
●Webサイト ●直販価格
3240円(税込み)


オン・オフ兼用のスポーツ用メガネ

Zoff ATHLETE CASUAL LINE ZN71013_B-1

 スポーツ用メガネのなかには度付きに対応するものもあるが、あまりにスポーティなデザインのものはビジネスに向かない。Zoffの「ATHLETE CASUAL LINE」は、オンにもオフにも違和感なく使えるスポーツ用のメガネだ。

 ウェリントンタイプのフレームは軽量なTR素材(プラスチックの一種)をベースとし、テンプル(ツル)部分にはラバー素材を採用。耳に合わせて自由自在に調整でき、運動中でもずれにくい。鼻パッドも可動式で、顔にしっかり固定できる。

 ランナー人口はピークアウトしたともいわれるものの、健康維持には運動が欠かせない。ジム通いやサイクリングなど、運動をするときのために1本持っておきたいメガネだ。

[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク
●Webサイト ●直販価格
7000円(税別、度付き標準レンズ付き)