銀座ロフトがこの秋、地域コラボイベントを相次いで開催する。その第1弾として「つや姫新米フェア」(2017年10月28日~11月8日)がスタートした。

 今回のフェアでは山形県のブランド米「つや姫」やつや姫を使ったパスタ、玄米茶のほか、炊飯器や茶碗、箸などご飯に関連する商品を販売する。

銀座ロフトの地域コラボイベント第1弾「つや姫新米フェア」(2017年10月28日~11月8日、試食会はすでに終了)。写真/シバタススム
[画像のクリックで拡大表示]
炊飯器や茶碗、箸などご飯に関連する商品を販売。写真/シバタススム
[画像のクリックで拡大表示]

 企業が地域と組むときは「地域活性」「ふるさと応援」などの言葉が並ぶことが多いが、今回の企画で銀座ロフトの軸にあるのは「売りたい商品とどうコラボさせるか」。

 そもそも銀座ロフトが第1弾で売りたかったのは、蒸気の力で米を炊く新発想の炊飯器「BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)」だ。実際に米を炊いてこの炊飯器をアピールすべく、コラボ相手として白羽の矢が立ったのがつや姫。今回はつや姫の2017年新米に加え、2018年秋に発売される山形県の新ブランド米「雪若丸」の先行販売も行う。

イベント初日には山形の有名イタリア料理店「アル・ケッチァーノ」の奥田政行シェフが店頭でリゾットを提供。写真/シバタススム
[画像のクリックで拡大表示]
雑貨のロフトらしく、イベント初日の試食会では炊きたてのご飯を和紙の皿で提供。写真/シバタススム
[画像のクリックで拡大表示]
つや姫の2017年新米に加え、2018年秋に発売される山形県の新ブランド米「雪若丸」を先行販売。写真/シバタススム
[画像のクリックで拡大表示]