[画像のクリックで拡大表示]

 2017年9月20日に公開された「iOS 11」は、iPhoneおよびiPadユーザーにとって使い勝手を向上させるOSのメジャーバージョンアップだ。

 とりわけiPadに用意された新機能は豊富で「iPadがこれまで以上にパソコンを置き換える存在になるかもしれない」と発表時から噂されていた。iPadでiOS 11を実際に使い込んで、パソコンを置き換える存在になったのか、感じたことを素直にお伝えしよう。

iOS 11の登場を待ち望んでいた

 筆者は今年の6月に登場後、すぐに入手したiPad Proの10.5インチモデルを使っている。それまでは携帯しやすいコンパクトなサイズこそが最良と、歴代iPad miniシリーズを愛用していたのだが、10.5インチiPad Proの入手がきっかけとなり考え方が変わった。

 iPad miniではメールのやり取りやWebページの閲覧、読書といった、いわゆる「コンテンツの消費」と呼ばれる用途に使うことが多かった。タブレット端末ならそのぐらいで十分かなと思っていた面もある。

 ところが、iPad Proは大きな画面サイズで、単純に使い勝手が良くなっただけではなかった。美しくて明るいディスプレーと処理パワーは、画像の加工もストレスなくこなせた。Apple Pencilでの入力は、手書きによるメモやノートもスムーズにしてくれた。

 これまでは「iPadでできないことはMacでやる」というように用途を住み分けしていたが、iPadが使える用途や分野が広がった。

iPad mini 4から10.5インチiPad Proに乗り換えて、iPadの使い方が激変した
[画像のクリックで拡大表示]

 だが「iPadでもっと仕事ができるのではないか」という欲を持って試すと不満に感じる点も出てくる。とりわけアプリ間の連携に難があると思うようになってきた。パソコンなら、欲しい機能を持つアプリを連携させれば簡単にできることが、iPadではスムーズにできない。

 そこでいつも頭に浮かぶのはiOS 11のことだった。「iOS 11がリリースされたらもっと使いやすくなるのでは?」と。

 アップルは今年6月の開発者向け発表会で秋にリリースされるiOS 11の新機能も披露しており、内容はマルチタスクやドラッグ&ドロップ機能など、パソコンに近い使い心地を実現できるのではないかと思わせるものだったからだ。2 in 1のWindowsノートパソコンも意識しているようで、外付けキーボードを使った操作性の向上も期待できた。

今年6月の開発者向け発表会で、iPad向けのiOS 11には、これまでの使い勝手を大きく変えるパソコン的な新機能が盛り込まれることが披露された
[画像のクリックで拡大表示]