[画像のクリックで拡大表示]

 アップルが2017年9月20日に公開する最新OS「iOS 11」は、パソコンでよく使われている標準操作「ドラッグ&ドロップ」機能がiPadでも使えることで注目を集めている。本記事では、iOS 11にバージョンアップしたiPadでできるようになった機能とその長所・短所を解説しよう。

ファイルの受け渡しが簡単に

 ドラッグ&ドロップ操作をiPadで実現する方法をみていこう。写真をメールに添付する手順を例に紹介する。

 まずは「メール」アプリでメールを作成、次に「写真」アプリを起動する。ここでちょっとコツがいる。iOS 11では画面を下から上にスワイプするとDockが表示されるので、その中から写真アプリを長押しして画面上にドラッグ&ドロップする。

 これでメールアプリ画面の横に、別ウィンドーで写真アプリが開く。後は、メールに添付したい写真を、写真アプリからドラッグ&ドロップすればよい。

 複数のファイルを選択するには、ひとつ目を長押しして少しスライドしたのち、2つ目以降のファイルをタップする。両手の指を使った方が操作しやすい

 アプリを窓状態で起動していないときでも、写真を長押しして少しドラッグした状態で指を離さずにキープしていれば、もう一方の手でホームボタンを押したりDockを表示したりできる。「メール」を起動したのち、ドロップすればよい。

 このときiPadにキーボードを接続していると、キーボードの[command]+[tab]でアプリを切り替えられるので、かなり便利だ。

「写真」アプリから「メール」アプリ画面に写真をドラッグ&ドロップで添付。パソコンで気軽にしていることを、iPadでも似た方法でできるようになった
[画像のクリックで拡大表示]
iPadにキーボードを接続していれば、[command]+[tab]でアプリを切り替えられるので、アプリを窓状態で開かずにドラッグ&ドロップするときにも便利
[画像のクリックで拡大表示]
「写真」から「メール」への写真添付も、ドラッグ&ドロップを使えばパソコンに似た操作で行える
複数のファイルを選択するには、1つ目を長押しして少しスライドしたのち、2つ目以降のファイルをタップする。両手の指を使った方が操作しやすい
ドラッグ状態は指を離さなければ維持されるので、その間に別のアプリを起動し直してドロップできる