「米のヒット甲子園」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)は、全国の五つ星お米マイスターから推薦されたブランド米から、得票数で上位に選出された銘柄を対象にした新米の味覚審査会。今回は、86人の五つ星お米マイスターが推薦した195品種のなかから、得票数で上位に選出された9銘柄が最終審査にノミネートされた。

今年最終審査会にノミネートされたお米
ブランド名 品 種 産 地
銀の朏(みかづき) いのちの壱 岐阜県・飛騨産
金色の風 金色の風 岩手県・一ノ関産
青天の霹靂 青天の霹靂 青森県・田舎館産
JA新砂川 特栽ゆめぴりか ゆめぴりか 北海道・空知産
土佐天空の郷 にこまる 高知県・本山産
新之助 新之助 新潟県・上越産
真室川特別栽培米 つや姫 つや姫 山形県・真室川産
石見高原ハーブ米きぬむすめ きぬむすめ 島根県・邑智産
銀河のしずく 銀河のしずく 岩手県・北上産

 2017年11月21日、米のヒット甲子園の最終審査会が、東京都千代田区のパレスホテル東京で開かれた。最終審査会に残った9銘柄を同じ手順で炊飯し、7人の審査員が「もっちり-あっさり」「柔らかい-硬い」などの軸で評価。それぞれの銘柄の味の個性を明らかにした。その結果、“今一番食べてほしい米”として、米のヒット甲子園2017大賞米が島根県・邑智産「石見高原ハーブ米きぬむすめ」に決定した。

 「石見高原ハーブ米きぬむすめ」は、クリムソンクローバーを栽培し、緑肥としてすき込んだ水田で栽培され、減農薬も認定条件とされる。審査会では、その風味に加え、環境への配慮も考慮された。

 なお今年は実際に大賞米を楽しめる機会が用意される。東京・自由が丘の創作和食「えん 自由が丘店」では、受賞した「石見高原ハーブ米きぬむすめ」を使った期間限定特別ランチメニュー「ごはんがすすむ 京のおかず御膳」を、12月9日から食べることができる(関連記事:「米のヒット甲子園2017」大賞米が味わえる!)。1日20食と数量限定だが、お米好きを自認される方にはぜひお試しいただきたい。

審査会の様子。審査員(テーブルに着席)は、写真左から小崎陽一氏(イタリア料理研究家)、小谷あゆみ氏(フリーアナウンサー)、里井真由美氏(フードジャーナリスト)、審査委員長の川崎恭雄氏(いづよね代表取締役)、フォーリンデブはっしー氏(グルメエンターテイナー)、山下真司氏(俳優)、渡辺和博(日経BP総研 マーケティング戦略研究所上席研究員)
[画像のクリックで拡大表示]

(文/川上真=日経トレンディネット、写真/シバタススム)