日経トレンディが主催する「米のヒット甲子園」は、五つ星お米マイスターが推薦する全国ブランド米の新米から、「今一番食べてほしい」お米を大賞に選ぶ味覚審査会。昨年は、選ばれた大賞米を一般の方にふるまう試食イベントが行われたが、今年は「単品で味わうだけでなく、日常の食の中で大賞米を味わってほしい」との思いから内容をグレードアップ。「ごはんに合うメニュー」を新たに開発し、期間限定で販売する。大賞米の発表に先立ち、10月27日、メニューを開発、販売する「えん 自由が丘店」にて、監修者であるフードジャーナリストの里井真由美氏、日経BP総研 マーケティング戦略研究所渡辺和博上席研究員による試食会が開催された。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
木材の感覚が嬉しい「えん 自由が丘店」の店内
フードジャーナリストの里井真由美氏
日経BP総研 マーケティング戦略研究所渡辺和博上席研究員