日本人であれば、毎日食べているごはんのことなど知り尽くした気にもなるだろう。そこで、ごはんから作るちょっと変わったレシピを考案してみた。連載のテーマはお米スイーツ。最終回は、これまでのレシピを組み合わせて作るパフェだ。

 インスタ映えなんて言葉が生まれるずっと前から、フォトジェニックなスイーツとして君臨するのがパフェだろう。ガラスの器に、アイスクリームやフルーツ、クリームが盛られているパフェ。その語源は、フランス語の「パルフェ」。英語のパーフェクトに似ているから分かりそうだが、「完全な」を意味するデザートだ。それを、すべてごはんレシピで作ってみよう。完全なごはんスイーツである。

 今回登場する素材の一部は、以前の本連載で作ったもの。少々手間がかかるが、ひとつ頑張って挑戦してみていただきたい。

完成したパフェ。グラスに盛るとオシャレな印象に
[画像のクリックで拡大表示]


<材料(1個分)>


○ アレンジライスの実(黄)
 適度に温かいごはん 1カップ
 砂糖 大さじ2
 生クリーム 大さじ1/2
 かぼちゃ 60g

○ アレンジライスの実(赤)
 適度に温かい赤飯 1カップ
 砂糖 大さじ3
 生クリーム 大さじ1/2

※そのほか、以前の本連載記事の材料が必要です。「作り方」にある記事リンクを参照してください。