日本人であれば、毎日食べているごはんのことなど知り尽くした気にもなるだろう。そこで、ごはんから作るちょっと変わったレシピを考案してみた。連載のテーマはお米スイーツ。今回は皮とあんの両方にお米を使ったたい焼きを作ってみた。

 まんじゅうをはじめ、日本には小麦粉の皮にあんが入ったお菓子が多い。その中でも、たい焼きの人気はかなり高い。焼きたてには温かさや香ばしさがあり、皮もパリッとした部分ともちっとした部分のコントラストが美味しい。そして何と言っても、姿形に愛らしさ、面白さがある。昔、「およげ!たいやきくん」という歌が大ヒットしたが、今川焼きでは成立しなかっただろう。そんなたい焼きをお米の材料を使って作ってみた。毎日、毎日、食べたくなっちゃうかもよ。

見た目は完全なたい焼き!
[画像のクリックで拡大表示]
断面を見ると、あんがお米なのがわかる
[画像のクリックで拡大表示]


<材料(小4個分)>


○ 黒米あん
 米1合に黒米大さじ1を入れて炊いたごはん 1カップ
 水 1/2カップ(100ml)
 黒糖 大さじ2

○ 皮
 ホットケーキミックス 60g
 水 80ml
 もち米 大さじ3