雨を寄せ付けないレザーバッグ

プロータ 防水ジッパーソフトブリーフ(土屋鞄製造所)

[画像のクリックで拡大表示]

 「プロータ 防水ジッパーソフトブリーフ」の特徴はメイン素材の「防水ファインレザー」だ。革表面にコーティング処理を施すのではなく、強力な防水剤を革の繊維にまで浸透させ、革の質感をキープしたまま強力な防水・防油性を持たせている。水が染み込まないため、雨の日でも安心して使える。

 スリムに見えるがマチは外寸で10.5cmあり、A4サイズのファイルやノートなどをたっぷり収納できる。持ち物をすべてこのバッグに詰め込んでしまえば、どんな雨降りの日でも水濡れの心配から解放される。

 防水スプレーは不要。オイルケアも表面にオイルが白く残ることがあるので避けたほうがいいという。基本的にメンテナンスフリー。丈夫で長く使えそうな信頼の日本製ブリーフだ。色はブラックとチョコの2種類から選べる。

[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク
●Webサイト ●収納部サイズ/重さ
幅40×高さ28×奥行き10.5cm/約1100g(ショルダー込みで約1220g)

●価格
5万2000円(税込み)


Made in USAの軽量アタッシェ

Classic Polycarbonate AT(ゼロハリバートン)

[画像のクリックで拡大表示]

 スタイリッシュなアタッシェケースは憧れだけど、金属製だから重くてダメ――。そんな人にはゼロハリバートンの「Classic Polycarbonate AT」がおすすめだ。耐久性が高くて軽いポリカーボネート樹脂をメイン素材に採用し、重さは2.6kgと、ほぼ同サイズでアルミ製のPシリーズ(3.3kg)と比較して20%以上の軽量化を実現している。

 内部のふた側には書類ポケットが備えられ、荷物の量に応じてマチ幅を2段階で変えられる。ポケット前面にはペンなどの小物をすっきりと収められるホルダーが配置されている。新たに採用されたハンドルは耐久性と握りやすさを兼ね備え、持ち運びの際のストレスが緩和される。

 2010年の発売当初は原産国が中国だったが、現行モデルはMade in USA。1969年にNASAのアポロ11号で月の石と砂を持ち帰ったことで知られるブランドの生産が、晴れて米国国内に回帰したことになる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク
●Webサイト ●サイズ/重さ
幅44×高さ33×奥行き12cm/2.6kg

●実勢価格
6万3000円(税別)

(文/コンテクスト)