歴史シミュレーションゲーム「信長の野望」「三國志」シリーズで知られるゲームクリエイターのシブサワ・コウが、コーエーテクモゲームスのステージイベントに登場した。2017年11月30日発売の新作『信長の野望・大志』の魅力を、同クリエイターは「人工知能(AI)に力を入れた。戦国武将がそれぞれ独自の動きを見せるのがポイント。相手が予測できない行動を取るなかで、天下統一に向けて知略を尽くす楽しみがある」と語った。

[画像のクリックで拡大表示]
歴史ゲーの第一人者シブサワ・コウは今年、35周年を迎えた

 また、ゲームタイトルにこめた思いを次のように説明した。「(高度なAIを取り入れたことにより、ゲームの中で)戦国武将がそれぞれ夢を持ち、信長は信長の、謙信は謙信の、信玄は信玄の志をもって動くので、より躍動感あふれる戦国時代を表現できる。志が中心になるゲームなので、大志と名付けた」。

[画像のクリックで拡大表示]
『信長の野望・大志』メーンビジュアル(画像:コーエーテクモゲームス)
[画像のクリックで拡大表示]
信長なら「天下布武」など、戦国武将はそれぞれに志を抱いている。ちなみに、若き日の信長の志は「うつけの天下」である(画像:コーエーテクモゲームス)

 このイベントでは、同タイトルのiOS/Android版の発売も発表された。詳細は後日発表予定だが、小山宏行プロデューサーは「デバイス間でのセーブデータの共有を実現したい」とした。例えば、自宅でPC版をプレーした続きを、外出先でスマートフォンやタブレット端末からプレーでき、帰宅すれば、その続きを再びパソコンでプレーするといった遊び方が可能になる。

[画像のクリックで拡大表示]
「考える要素が増えて、難度は上がったかもしれないが、面白いゲームができた」と小山