[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が「PlayStation 4」(以下、PS4)向けVR(仮想現実)用ヘッドマウントディスプレー「PlayStation VR」(以下、PS VR)を発売して約1年がたつ。ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は東京ゲームショウ開幕直前の2017年9月19日、カメラ同梱版PS VRの希望小売価格を、従来に比べて5000円安い4万4980円(税別)にすると発表した。今後さらに普及が進みそうなPS VR。キーマンの吉田修平氏(SIEワールドワイド・スタジオ プレジデント)に現況を聞いた。

――PS VRに関して、発売前の想定を上回って好評だったのはどんな点か。

[画像のクリックで拡大表示]

 もともと自信を持ってはいたが、予想以上にウケがよかったのが、メカの部分だ。ゴーグル型のVR用HMDが多いが、ゴーグル型はどうしても顔面に押さえつけるようにして装着することになり、長時間使用すると額に跡がつくことがある。これに対し、PS VRは重心を頭頂部に置いて前後のバランスを取ることで、顔面を強く押さえつけることなく装着できる。これにより、機器の重さが軽く感じられる。

 ディスプレー部は前後に位置を調節でき、メガネをかけたままで装着できるのも特徴だ。「模倣は一番の誉め言葉」と言われるが、最近はよく似た構造の他社製品が登場してくるので、「ああ、評価されている。よかった」と感じているところだ。

――逆に改善したいところはどこか。

 あえて言うと、「HDR(high dynamic range:ピーク輝度を拡張して画質を高めた映像)」信号のパススルーができない点だ。PS4はHDRに対応しているものの、PS VRはHDRに対応していない。