本連載は、「この人の『勘』や『感』の見方を知りたい!」と思った方にお会いし、仕事に「勘」や「感」は必要なのか。そして、どのように磨けばいいのかについて、成功談も失敗談も含めて聞いていくものです。それも、難しい書き言葉ではなく、わかりやすい話し言葉で。読者の皆さんにとって、未来に向けたヒントになれば幸いです。

 前回の記事(TSUTAYA増田社長「感性とは“お客さんの気分”」)ではCCCの社長を務める増田宗昭さんに登場いただき、「心」とダイレクトに結びついているのが直感であり、「頭」はそれをサポートする役割を担っていると、手描きの図解入りで説明していただきました。今回は、鋭い「勘」や「感」を持っている増田さんにも、過去に無数の失敗があったこと。それが自分の成長に役立ってきたこと――増田流「勘」と「感」の意義と磨き方を綴りたいと思います。

CCCの増田 宗昭(ますだ むねあき)社長は1951年大阪府枚方市生まれ。同志社大学を卒業後、鈴屋に入社。軽井沢ベルコモンズの開発などに携わる。1983年に「蔦屋書店(現・TSUTAYA枚方駅前本店)」を創業し、1985年にカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)を設立。2011年12月に「代官山 蔦屋書店」、2015年5月に「二子玉川 蔦屋家電」、2017年4月には大型商業施設「ギンザシックス」内に「銀座 蔦屋書店」をオープン。蔦屋書店やTカード、T-SITEをはじめとした「カルチュア・インフラ」を創り出す企画会社の経営者として奔走している
[画像のクリックで拡大表示]

失敗はいつも成長の節目にあった

川島: 増田さんは「代官山 蔦屋書店」をはじめ、「枚方 蔦屋書店」「銀座 蔦屋書店」と、次々に成功を続けています。ずばり、どうやったらそうなれるのでしょうか?

増田: いや、成功ばかりじゃないです。僕だって山のように失敗してきた。ちょっとそのことについて話してみましょうか。僕が社員向けに書いているブログで、最近、失敗に触れたので。

川島: 増田さん、毎日、社員に向けてブログを書いているんですよね。

増田: そう。偉いでしょう? 毎日毎日です。

川島: 偉いかどうかは置いておいて(笑)。それが意外にいい話で。

増田: 意外とは失礼な(笑)

川島: 先日、『増田のブログ――CCCの社長が、社員だけに語った言葉』と題し、書籍にされました。自分のブログを本にするなんて、ちょっと自慢モードって最初は思ったのですが(笑)、読んでみると普遍的なことがいっぱい詰まっていて、役に立つ話が多くて、意味あるなぁって反省しました。

増田: 愛する社員に向けて、僕が伝えたいことを、毎日、口述筆記で続けてきたのが、あのブログ。でも、川島さんにそう言ってもらってほっとした。それで失敗についてのブログ、読んでみます。

川島: お願いします!

増田:  失敗とは成功のための経験でもあり、成長には必要なことと思う。
自分の人生や、CCCの創業以来の会社の歴史を振り返ってみても、
何度も大きな失敗を重ねてきた。
そして、そのたびに新しいエネルギーをもらったり、仲間が増えたり、
まさに失敗が成長の節目にあった。
(中略)
歩けない赤ちゃんは歩いてケガをするし、
自転車に乗れない子供は、自転車に乗ってひっくり返る。
そんな経験をして、人は成長する。
(中略)
失敗した原因は書き上げると枚挙にいとまがないけれど、
自分自身のことで振り返ると、
人への配慮ができていない自分になっていたことだと思う。
自分の経験や知識をフルに使っても、
答えが見出せないほどの仕事に取り組むと、
やはり目いっぱいになって、他人のことまで配慮が行き届かなくなる。
家族やチームのことが二の次になる。
家族のサポートやチームのサポートがない状態で戦(いくさ)をすれば、
結果は明らか。
能力の限界に挑み、敗れた経験が、独りよがりで仕事に取り組んではいけない
という教訓を残してくれた。