組織には「自由」と「ピラニア」が必要

鈴木: 僕は「遊ぶように楽しく仕事する」ことを、社員がやってくれたらうれしいと思っています。

川島: 「仕事はそんな甘いもんじゃない!」っていう人、企業に多いような気がしますが。

[画像のクリックで拡大表示]

鈴木: たしかに甘くはないですが、つらいだけというのもナンセンスです。もっと自由にやっていいんじゃないでしょうか。

川島: でも、企業の中で自由にやっていると「変な人」みたいになって、異分子として扱われちゃうんです。何を隠そう、私もその一人です(笑)。

鈴木: 僕はそういう人って、組織には絶対に必要だと思っています。変な人は変なことをどんどんして、ほかの社員の刺激になってくれたらいいと。韓国からウナギを輸入するときの話ってご存じですか? ピラニアを数匹入れておくと、ウナギの生存率が高まるそうです。なぜなら、ウナギに緊張感が生まれ、生き残ろうとするからだとか。そういうピラニアみたいな存在は、企業にとって不可欠ではないでしょうか。

川島: 変な人って偏っているかもしれないけど、「勘」や「感」は持っている気がします。

鈴木: 視野が広いとか、好奇心が強いといった要素を持っているのだから、そういう変な人を大事にしなければと、うちでは何らかの施策を考えている最中です。そうしないと、企業の未来を切り拓いていくことは難しいのではと。

川島: そうはいっても、変な人って孤独なんです。

鈴木: それは、ちゃんと悩みを持っているということです。前回もお話ししましたが、勘やクリエーティビティーは悩まなければ磨かれない。僕も日々、悩んでいます。

川島: その悩みもはたから見ていると楽しそうなのが、鈴木さんらしいところ。ポーラの未来は明るそうです。今日はどうもありがとうございました。

[画像のクリックで拡大表示]

(撮影/稲垣純也)

川島 蓉子(かわしま・ようこ)
川島蓉子(かわしま・ようこ) 1961年新潟市生まれ。早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科修了。伊藤忠ファッションシステム株式会社取締役。ifs未来研究所所長。ジャーナリスト。
日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載を持つ。著書に『TSUTAYAの謎』『社長、そのデザインでは売れません!』(日経BP社)、『ビームス戦略』(PHP研究所)、『伊勢丹な人々』(日本経済新聞社)、などがある。1年365日、毎朝午前3時起床で原稿を書く暮らしを20年来続けている。