今回から“お金を動かす”サービスを紹介する。とはいえ、まずはリスクのない自動貯金サービス「finbee(フィンビー)」を試してみる。これまでの貯金アプリは、貯金をした記録をアプリに入力するためのものだった。だが、finbeeなら銀行口座と連携するので、実際にお金を動かせるし、目標額の達成をサポートする仕組みが備わっている。

●連載の構成
 この連載は全部で5回。お得生活のベースとなるインターネットバンキングの申し込みから始まって、家計簿、貯金、投資(投資信託と株の購入)と順を追って最新の金融サービスを解説していく。投資となると元本割れなどのリスクもあるので、実際に挑戦するかどうかは慎重に検討してほしい。
[第1回]コンビニATMでお得! ネットバンキングに申し込もう
[第2回]節約ポイントが分かる!入力が楽々の家計簿サービス
[貯金編]自動貯金サービス「finbee」(ネストエッグ)【今回】
[投資編1]ロボ・アドバイザー「投信工房」(松井証券)
[投資編2]スマホ証券「One Tap BUY」(ワンタップバイ)

finbeeなら貯金に失敗しない!?

 クルマやデジカメなど趣味のアイテムを購入するために貯金に挑戦した経験のある方も多いはず。だが、途中で面倒になったり、貯金しているはずのお金を使ってしまったりと、貯金はなかなかうまくいかないものだ。

 そんな失敗しがちな貯金も最新アプリのサポートがあれば成功する確率が高くなる。今回使う自動貯金サービスfinbeeは、金融ベンチャーであるネストエッグが開発した、いわゆるフィンテックサービス。スマホ向けのアプリ、PC向けのWebサイトでサービスを提供している。今回は主にスマホ向けのアプリを紹介したい。

 注意したいのは、現時点でfinbeeと連携できる銀行が住信SBIネット銀行に限られること(連携銀行は今後拡大予定)。住信SBIネット銀行に口座を作ると、 他行宛ての振込手数料が無料になるなどかなりお得。口座の開設と維持に費用はかからないので、これを機に口座を作っておくといいだろう。

ko-yan / PIXTA(ピクスタ)
[画像のクリックで拡大表示]