今回は最近種類が増え、テレビCMでも見かけることが増えた家計簿サービスを使ってみる。家計簿なんて……と侮ることなかれ、家計を把握することは節約すべきポイントが分かるだけでなく、将来的には資産管理にもつながる大切なサービスなのだ。しかも、前回申し込んだインターネットバンキングと連携すれば、面倒な入力作業は不要。想像以上に家計簿を付けるのが楽になる。

●連載の構成
 この連載は全部で5回。お得生活のベースとなるインターネットバンキングの申し込みから始まって、家計簿、貯金、投資(投資信託と株の購入)と順を追って最新の金融サービスを解説していく。投資となると元本割れなどのリスクもあるので、実際に挑戦するかどうかは慎重に検討してほしい。
[第1回]コンビニATMでお得! ネットバンキングに申し込もう
[家計簿編]マネーフォワード(マネーフォワード)【今回】
[貯金編]自動貯金サービス「finbee」(ネストエッグ)
[投資編1]ロボ・アドバイザー「投信工房」(松井証券)
[投資編2]スマホ証券「One Tap BUY」(ワンタップバイ)

銀行口座とクレジットカードの収支を自動入力

 「家計簿アプリは入力が面倒だから長続きしない」と思った方はいるだろうか? 確かに少し前の家計簿アプリや家計簿ソフトでは、電気代がいくら、携帯電話代がいくら、スーパーで買い物が……といちいち入力するのに時間と手間を取られていた。

 ところが数年前から家計簿アプリは着実に進化。電気料金、水道料金など、口座引き落としになっている費目はすべて自動入力になり、クレジットカードの明細まで自動入力されるのだ。少し前の家計簿ソフトの利用者なら、パソコンでせこせこ費目を手入力していた「これまでの手間は何だった!?」と言いたくなるほどだ。

 ただし、自動入力には条件がある。銀行やクレジットカードのインターネット向けサービスにあらかじめ申し込んでおくこと。銀行については前回紹介したインターネットバンキングへの申し込みが必要。クレジットカードもネットで利用履歴などを確認するために使うアカウントを用意しておこう。

 家計簿サービスは、銀行やクレジットカードのインターネット向けサービスを利用して、収入と支出のデータを自動で取り込む。これをグラフ化するなどして、さまざまな形で分析してくれる。しかも、多くの家計簿サービスが、ここまでは無料なのだ。

[画像のクリックで拡大表示]