自分の人生に責任を持つイラン人

 約2カ月間イランに滞在して感じたのは、イラン人の自分の職業に対する満足度である。私が接した人々は誰もが自分の仕事が好きで、不満なく働いていた。しかし同時に、多くの有能なイラン人は海外で活躍している。イランで高度な教育を受け、エンジニア、医者、薬剤師になった若者たちの中には、努力した対価が少ないことへの不満と、イランでの将来の不安を理由に、カナダやヨーロッパへ移住するケースも多い。

 不満がある者は自分が満足する環境を努力して見つけ、行動する。そのため、イラン国内で働き生活している者は、自分の現状に満足するような仕事の仕方や生活スタイルを築いている。不満を持ちながら、いつかそれを解消できるチャンスを待つのではなく、さっさと行動に移して満足して生活する。とてもイラン人らしい生き方ではないかと思う。

ERIKO
モデル・定住旅行家
ERIKO 東京コレクションでモデルデビュー。英国、米国、イタリア、アルゼンチン、ロシア、インドで語学習得のための長期滞在をきっかけに、様々な土地に生きる人達の生き方や生活を体感することに興味を抱く。スペイン語留学で訪れたアルゼンチンでの生活をきっかけに、ラテンの地と日本の架け橋になるという目的を持って、2012年から1年4カ月をかけて中南米・カリブ25カ国を旅した。これまで訪問した国は40カ国、約70家庭に滞在。モデルと並行し、「定住旅行家」として、世界の様々な地域で、現地の人びとの生活に入り、その暮らしや生き方を伝えている。
WEB:http://chikyunokurashi.com