私は、現地の家庭に滞在して、その土地の文化や生き方を伝える活動“定住旅行”を行なっている。定住先でその国の習慣や文化を理解するのに、とても重要な要素の一つが食事だ。食へのこだわりや、食材、食べ方などからその国の歴史や価値観、土地柄が見えてくるからだ。

 今回は、今年定住旅行したばかりのキューバの食事情を紹介したいと思う。キューバはカリブ海最大の島国で、緯度は日本の石垣島とほぼ同じである。年中気温は高く、季節は雨季と乾季の2つ。世界中で人気のあるチェ・ゲバラのゆかりの土地であることや米国との国交回復などで、日本でも最近取り上げられることが多くなってきている。また、医療や教育が発展しており、長寿国として知られている国でもある。

古い建物がそのまま残る、キューバの首都ハバナ
[画像のクリックで拡大表示]

キューバの特殊な食材の入手方法

 当たり前のことだが、食事を摂るためには、まず食材を手に入れなければならない。それは、万国共通だが、キューバでは入手の仕方が他の国と違っていて、尚且つ非常に骨の折れる仕事だ。社会主義のキューバでは、食料配給制度といわれるものがある。各家庭に「リブレッタ」と呼ばれる配給手帳が配られ、「ボッデガ」と呼ばれる配給所で引き換えが行われる。支給される配給品は、卵、米、油、パン、砂糖、豆などと決まっており、量や種類が限られているので、育ち盛りの男の子がいる家などでは十分な肉も確保できない。そこで足りないものは、地元の八百屋か、市場へ行って購入する。

食料配給所で引き換えをするときに使用する、配給手帳”リブレッタ”
[画像のクリックで拡大表示]
品物はすべて有機野菜。いるだけで楽しい市場
[画像のクリックで拡大表示]

 キューバの市場へ行って驚くのは、品ぞろえの豊富さである。色とりどりの野菜や果物が陳列され、見ているだけでも楽しい。キューバ人が食べる野菜といえば、芋類、キャベツ、トマト、人参、玉ねぎなどが定番だ。最近、市場に並び始めたというブロッコリーやカリフラワーは、まだキューバ人に調理の仕方や食べ方が浸透していないようで、市場の売り子が調理の仕方を主婦たちに説明したりしていた。値段も1リブラ(約400g)40キューバペソ(1ドル=25キューバペソ)と他の野菜と比べると高く、購入者の多くは、大使館で働く外交官たちだ。ちなみに、40キューバペソあれば、豚肉の高級部位を1リブラ購入できる。

 日本人になじみのある大根やスイカは、約100年前にキューバへ移住してきた日系人によって栽培されたもので、今ではキューバの市場に当たり前のように並んでいる。この市場で売られているものは、すべてオーガニックで農薬などは一切使われていない。野菜は新鮮でみずみずしく、ツヤツヤしていて、とにかく持ちがいい。