会食の機会も多い時期。和食、イタリアンなども良いけど、食べたことのない料理にチャレンジしたい、でもどんなチョイスがあるのだろう、と思っている方もいるのでは? 東京は世界各国の料理が楽しめる稀有な街である。こんなにも多国籍の料理を食べることのできる街を私はほとんど見たことがない。そこで今回は定住旅行家ERIKOがオススメする「現地と同じ味だ!」と感激した、都内のレストランを3軒ご紹介したい。

ネパールにいるような気分を楽しめるネパール料理店

 近年、リトルカトマンズになりつつある新大久保には、たくさんのネパール人が行き交い、ネパール料理店が軒を連ねている。グルメサイトの「食べログ」に登録されているお店の数は、なんと1800件以上もある。以前より着実にネパール料理のお店は増えており、日本人にも身近な料理になりつつある。そんななか、私の友人のネパール人たちがオススメするお店が、「アーガン」だ。店内は喫煙席と禁煙席でフロアが2つに分かれており、内装もおしゃれでカップルで来ている人たちもたくさんいる。

アーガン店内
[画像のクリックで拡大表示]
アーガンスタッフ
[画像のクリックで拡大表示]

 インド料理やネパール料理店の前を通ったとき、独特のスパイスの香りを感じたことのある人は多いだろう。ネパール料理の特徴といえば、多種のスパイスを使い分けて、塩、胡椒で味を調える調理法だろうか。お肉より、野菜を使う料理が多く、また日本食のうどんや焼きそばなどに似た料理もある。

 ネパールの主食は、ダルバート(ダル=豆スープ、バート=米の意)。日本でいうカレーだが、スープはサラサラしていて、インド料理店で食べるカレーのようにナンはついてこない。日本のカレーのように胃が重くならないのが特徴だ。

パーニプリ(ネパール):揚げた小さいチャパティの中にすりつぶしたジャガイモが入っており、それをスープにつけて食べる
[画像のクリックで拡大表示]

 また、日本人に人気なのが「モモ」と呼ばれる餃子に似た食べ物。スパイシーなソースと合わせたり、揚げ物にして食べる。食事のお供には、「エベレスト」や「ネパールアイス」と呼ばれるビール、「チャン」と呼ばれるどぶろくのようなお酒を試してみるのも良い。また、このお店にはネパールのウオッカもあり、それを使ったカクテルなども楽しむことができる。ノンアルコールでオススメなのは、ラッシー。スパイシーな料理と抜群の相性。何と言っても、食べ物と飲み物のメニューが本場のネパールとほぼ一緒なので、レストランの中にいると、ネパールにいるような気分を楽しめる。

「ルスラン」と呼ばれるネパールのウオッカ。現地では見たこともありませんでしたが、試す価値あり?!
[画像のクリックで拡大表示]
モモは日本の餃子に似た食べ物。日本人の間でも一番人気のメニュー
[画像のクリックで拡大表示]