最新のアイテムやサービスを活用して「働き方改革」と「生活スタイル改革」を提案するSTYLE TRENDY。今回は、仕事を早めに切り上げて出かけたいビアガーデン6店を紹介する。

 いよいよ本格的な夏に突入した。暑くてうだるようなこの季節、仕事帰りに飲みに行くとしたら、冷たいビールジョッキをグイッとあおるビアガーデンが第一候補に挙がる。

 かつてはビアガーデンといえばデパートやビルの屋上にあり、枝豆や鶏の唐揚げなど定番メニューをつまみに生ビールのジョッキをあおるというイメージがあった。だが今は、ビールそのものの種類はもちろん、ロケーションもフードメニューもずいぶん多様化している。

 その背景には、ここ数年のクラフトビールのブームもあるだろう。ビールとフードのマリアージュを重視する舌の肥えた客向けに、多彩なメニューを提供する小規模でも個性的な店が増えている。

 そこで今回は、従来型とはひと味違うビアガーデン6店を紹介する。効率的に仕事を片付けて暑気払いに出かけよう。

KAORU / PIXTA(ピクスタ)
[画像のクリックで拡大表示]