最新のアイテムやサービスを活用して「働き方改革」と「生活スタイル改革」を提案するSTYLE TRENDY。今回は、働き方改革の“相棒”となる2in1タイプのノートPCを6モデル紹介する。

 働き方改革で大切なのは、場所や時間に縛られずに仕事をする、テレワーク環境を整えること。外出中のちょっとした空き時間や在宅中などに仕事ができれば、わざわざ帰社する必要がなくなり、無駄な残業が減る。結果、自分の時間を楽しむ余裕が生まれる。

 テレワークには持ち歩けるノートパソコン、つまりモバイルPCが不可欠だ。モバイルPCは各社が多種多様な機種をラインアップしているが、今回注目したのはディスプレーが360度回転してタブレットとしても使える2in1タイプ。長文のメールを打つなど、がっつり仕事をするときは通常のノートPCとして、Webサイトの閲覧など情報収集のときはタブレットとして使えるので便利だ。

 また、2in1タイプは、タッチ操作に対応している点も見逃せない。画面のスクロールはもちろん、さまざまな場面でマウスポインターを移動させる手間が省けるので、作業がはかどること間違いなし。

 今回は、最新の2017夏モデルを含む、旬のモバイルPCを6モデル紹介する。重さと画面の大きさ、バッテリー駆動時間などのスペックを確認し、気になるものがあれば、ぜひ店頭でチェックしてみよう。

(写真/シバタススム、撮影協力/Spaces大手町ビル)
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク