この記事は「「仕事ができる人」のエクセル資料術 完全版」(2017年5月発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 氏名や住所といったデータは、通常は1つのセルにまとめて入力するが、集計処理などの事情で、姓と名、都道府県と市区町村以降などを、それぞれ別のセルで管理したい場合もある。今回は、こうしたデータの分割など、セル範囲のデータを一括で整形・加工するテクニックを紹介しよう(図1)。

図1 今回は「顧客リスト」を作例として、セル範囲のデータを複数の列に分割したり、データ形式を変換したりする操作を紹介する。「区切り位置」の機能を使った加工手順の解説がメインだが、この機能では対応できない処理には数式なども利用する
[画像のクリックで拡大表示]