マーケティングの先端動向を伝える新デジタルメディア「日経クロストレンド」から記事を転載してお送りします。

 「FUJIYAMA」などの絶叫アトラクションで知られる遊園地「富士急ハイランド」(山梨県富士吉田市)が2018年5月9日、18年7月14日から入園料を無料にすると発表した。現在は中学生以上税込み1500円(以下、価格は全て税込み)、3歳から小学生以下は900円の入園料が必要だ。なぜこのタイミングで入園無料化に踏み切ったのだろうか。

「富士急ハイランド」は新宿駅からJR中央線・富士急行線で約110分。関東・関西の各地からフリーパス付きのバスツアーも用意されている

少子高齢化で予想される入園者減少が課題だった

 富士急行宣伝部の金子泰樹課長は、きっかけとして少子高齢化を挙げる。富士急ハイランドを訪れる人は絶叫アトラクション目当ての若い世代や、園内にある人気アニメ「きかんしゃトーマス」のテーマパークが目的の家族連れが中心。「少子高齢化が進むことで入園者数が尻すぼみになることはかなり前から課題となっていた」(金子課長)。

 そのため、富士急行は温泉施設や美術館など周辺エリアを充実させて幅広い世代を呼び込もうと画策してきた。その甲斐もあって周辺エリアを訪れる観光客は徐々に増え、現在は隣接するホテルの利用者などを含めると年間230万人ほどに上る。しかし、高齢者はすぐ近くのホテルや温泉を利用しても富士急ハイランドには行かない人がほとんどだという。

富士急行宣伝部の金子泰樹課長