ホームドアの開発にも着手

 また、向谷氏は鉄道の発車メロディーも多数手がけています。作曲時に心がけているのは、曲が終わったように感じさせないメロディーにすること。「列車に乗る人は、たとえ帰宅時であってもどこかへ向かう最中である」ということを考え、曲に終わりをつけないようにしているそうです。ほかにも、その路線全駅を通して聞くとひとつの曲になるものなど、遊び心のある発車メロディーも作っています。

 さらに、向谷氏はホームドアの開発にも乗り出しました。向谷氏が考案した「開閉バー式軽量ホームドア」はJR九州の九大学研都市駅下りホームに設置されています。

向谷氏が考案した「開閉バー式軽量ホームドア」。バーを使用したことで大幅に軽量化できた上、コストを抑えられるとのこと。バーを互い違いに配置しているのでドアが開いた際にお互いの隙間に収納され、機器の厚みを抑えることができるそう
[画像のクリックで拡大表示]

 鉄道に対する情熱とアイデアにあふれた向谷氏。そのパワーの源はどこにあるのでしょうか。「僕は常にしゃべってないと気が済まないタイプで、仕事もいろいろなことをやってみたくなってしまう。いくつになっても先を見る力を持っていたい」と、向谷氏は話しました。

(構成/樋口可奈子)

安田美香
ホリプロのアナウンス部に所属。立教大学文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究科にて、芸術学修士号取得。TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(水曜アシスタント)、Jリーグ中継でピッチリポーターを務める。2児の母。産後うつを経験し「ホリプロ保育園」えんちょー、「3・3産後サポートプロジェクト」発起人などを務めるなど、子育ての声を集めて発信している。
ホリプロ保育園オフィシャルブログ http://ameblo.jp/xanadu09/
安田美香オフィシャルブログ http://lineblog.me/yasudamika/