自分がもし死んだら、家族がもし亡くなったら、そのパソコンやスマホのデータ、ネット銀行やSNSのようなオンラインサービスのデータなど、残されたデジタルデータはどうなってしまうのか? どんな備えをしておくべきなのか? そんな「デジタル終活」について、デジタル遺品研究会ルクシー代表理事の古田雄介氏が解説していく。

 今回も中部地方に暮らす女性(50代)からの相談だ。事故で亡くなった旦那さんのデジタル遺品を調べたいという内容だった。

 旦那さんはスマホとパソコンをよく使っていて、スマホはロックを解除できなかったものの、パソコンは普通に開ける状態。パソコンから家族写真やよくやりとりしている連絡先、よく使っているオンラインサービスなどはある程度辿れたそうだが、どれだけ調べても心のモヤモヤが晴れない。旦那さんが生前にポロッと「FXやってみようかな。」と口にしていたのが頭から離れないためだ。

 旦那さんは生前にFXをやっていたのか、いなかったのか。やっていた場合は未決済のポジションを残していたりしないか。また、そのポジションが負債となって法定相続人である自らの身に降りかかってきやしないか――。そうした不安をどうにか解消したいと、ルクシーの問い合わせフォームに書き込んだのだ。

※イメージ写真。
[画像のクリックで拡大表示]

 遺族を苦しめることが多い端末のロックだが、パスワードがかかっておらず、そのまま触れられることも多い。ただし、端末の中身に触れられたからといってデジタル遺品の問題がきれいに解決するわけではない。そのことを上記の事例は端的に示している。

 何しろスマホやパソコンの中には、その持ち主だけの世界が広がっている。誰の目にも分かるようにルールだてて整理している人もいれば、端からはぐしゃぐしゃにしか見えない並べ方をしている人もいる。自分自身でもどこに何を置いたか分からなくなっているという人もいる。他人が意図を汲んで全容を解明するのは相当難しいし、不可能かもしれない。

 そのなかで、手を出していたかどうかはっきりしないFX取引の有無を探すのはとても難しい。では、どうすればいいのか? 一つひとつ、痕跡が残りそうなものを調べていくしかない。

※紹介する事例はプライバシーを保護するために、本筋を損ねない範囲で脚色を加えています。