自分がもし死んだら、家族がもし亡くなったら、そのパソコンやスマホのデータ、ネット銀行やSNSのデータなど、残されたさまざまなデジタルデータはどうなってしまうのか? そのときに備えて何をしておくべきなのか? 誰もが直面することになる「デジタル終活」について、デジタル遺品研究会ルクシー代表理事の古田雄介氏が解説していく。

 スマホをそのままにして急に死んだらどうなるだろう?

 大抵の場合、その死は病院や警察を通して社会的に認知される。そうして遺体と手元にある遺品は家族の元に返されることになる。家族は悲しみながらも、取り急ぎ訃報を知らせるべき相手を知ろうとするだろう。そこにあるのがスマホだ。

 ロックがかかっていない場合、まずは通話履歴やメール、LINE、SMSなどのやりとりをチェックすることが多い。銀行や金融機関のアプリなどがあれば資産のチェックも欠かせないし、ある程度スマホに詳しい家族ならSNSアプリも気にするだろう。遺影写真などを探すために写真アプリにも目を通すはずだ。それらの有無を調べるため、アプリを起動して最初に表示される画面にはしっかり目を通されると思っておいたほうがいい。残されたデータをどこまで深掘りするかは、家族のスキルや最期のシチュエーションによって異なるだろうけれど。

 ロックがかかって開けない場合も、そこに直前までの情報伝達のやりとりが残っていることはほぼ確実で、金融資産の重要な情報が記録されている見込みも高い。そのまま捨て置かれるケースもあるかもしれないが、何らかの方法を使って中身を知ろうとするのが人情だろう。デジタル機器に詳しい知人や専門家を頼って中身を探ろうとしても不思議ではない。

 パソコンを残して死んでしまった場合はどうだろう?

 やはりスマホと似たようなプロセスを辿るだろう。そのパソコンにまず触れるのは、自宅にあるなら家族、職場にあるなら上司や同僚になるだろう。いずれにしろ、何らかの目的を持って自ら構築したデジタル環境に、他人に足を踏み入れられるのは避けられない。

 つまるところ、スマホやパソコンなどは、とりわけ中身を探られる可能性が高い遺品といえそうだ。にもかかわらず無防備に使っている人が多い。そして、スマホやパソコンで使うオンラインサービスの提供元も、利用者の没後のことはあまり準備していないことが多い。

[画像のクリックで拡大表示]

 そんなフワフワした状況だからか、これら「デジタル遺品」を何が起きるかわからないリスキーな存在として怖がったり、不安がる向きもある。よく分かる。が、本質的には普通の遺品と何ら変わらないのだ。現状を踏まえて正しく取り扱えば、ヘンに恐れたり不安にさいなまれることはなくなるはずだ。

 筆者はそうした取り扱い方法について8年前から調査しており、 2016年にはデジタル遺品研究会ルクシー という一般社団法人を共同設立した。その活動を通して得た知見や、この界隈で活躍している団体に集まった事例などの最新情報をもとに、これからのデジタル遺品の対策方法、ひいては手軽で現実的な「デジタル終活」のやり方をお伝えしていきたい。

デジタル遺品研究会ルクシーのサイト
[画像のクリックで拡大表示]