「働き方改革」に注目が集まっている。ワーク・ライフ・バランス、すなわち充足できる仕事をしつつ、家庭や地域でも充実した生活を送れる豊かな社会を作り出す。それが「働き方改革」の理念であり、考え方だ。ただ、それを実現しようとすれば、どうしても仕事の効率を上げることを考えなければならない。そうでないと、新しい時間は作り出せないからだ。パソコンやIT機器を使う上で、いかに効率を高めるか。実はそれが働き方改革に直結する解決策だ。そこで「仕事に困ったときの即効解決法」を紹介しよう。働き方改革を実現するためのヒントはここにある。

写真の解像度が高過ぎて、メールで送るのが面倒

出張が多く、資料写真をメールで送ることが多いのですが、相手によっては1枚でも「受け取れない」と言われます。毎回ペイントで縮小するのも面倒なんですよ。どうにかなりませんか。

 スマホの写真でさえ3MBを超える時代だというのに、添付ファイルの上限が2M~5MBのプロバイダーは多い。さらに相手が“ガラケー”の携帯電話の場合、300KB程度が限界だ。写真をメールに添付する際には、容量の確認が不可欠である。

 画像ファイルの容量を圧縮したり、サイズを小さくしたりするフリーソフトは多いが、メール送信のたびに画像処理をするのは面倒だ。写真をメールするなら、エクスプローラーで送りたい写真を選択し、送り先に「メールの受信者」を選択する。自動的にサイズ選択の画面が表示されるので、相手に応じたサイズを選択し、メールを送ればよい。

エクスプローラーで送りたい写真を全て選択。その中の一枚を右クリックして、「送る」→「メール受信者」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]
写真の大きさを選択するとサイズが分かるので、調整して「添付」をクリック
[画像のクリックで拡大表示]
メール作成画面が開き、添付した写真のファイル名などが自動的に表示される。文面などを入力してメールしよう
[画像のクリックで拡大表示]