スマホはiPhone、パソコンはMac、仕事先にはiPadを持参し、移動中はAirPodsで音楽を聴いているけど「別にアップル好きじゃないです」と言い張るライター伊藤朝輝がつづるアップルライフ。今回は、Apple Watch用の非純正バンドをお薦めしたいというお話。

(イラスト/伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 腕時計は、そのときの気分やTPOに合わせて使い分けを楽しめる。しかし、スマートウォッチの場合は「活動量計」としての役割もあるため、これと決めたものをずっと身に着けておくことになる。それでは面白くないので、筆者の場合はApple Watchのバンドを取り替えることで気分を変えている。Apple Watchは工具不要でバンドを交換できる手軽さがいいところだ。

 あるとき、サードパーティー製の激安バンドを試したら、これはこれでアリかも……と思った。純正品よりもつくりは甘いのだが、純正品にはない面白いバンドもある。というわけで、今回は筆者が購入したサードパーティー製のApple Watch用バンドを紹介したい。

価格は純正品の15分の1以下

 初めてサードパーティー製のバンドを購入したのは1年半ほど前。3000円でお釣りがくるステンレス素材のバンドだった。欲しいと思っていた純正品が税別4万5800円と高額だったので、雰囲気だけでも味わえるのではないかと似たような安物を試してみたわけだ。

 ところが、交換してみるとApple Watchが一気にゴージャスな印象になり、3000円のバンドには見えない。もともとステンレス素材のバンドを合わせるためにApple Watchのケースもステンレス素材のものを選んでいたのだ。

 本体との接続部分や留め具は意外としっかりしており、「いきなり外れる」「外れなくなる」といったトラブルも一切なかった。最近、留め具部分が少しゆがんでしまい、スムーズに開け閉めできなくなってしまったが、3000円で1年半も使えたのだから十分楽しめたと思う。スーツにも合い、フォーマルな席でも違和感がないので、かなりお薦めだ。

ステンレス素材のバンドを装着したところ。値段のことは、黙っていれば分からないと思う
[画像のクリックで拡大表示]
本体との接続部分もしっかりしており、不安な感じはしない
[画像のクリックで拡大表示]