「Today at Apple」にすっかりハマる

 「Today at Apple」に参加したのは、実はこれが2回目。1回目は、初めてApple新宿を訪れたときだった。エントランスの正面にある巨大なディスプレーを使って何やら楽しそうなことが行われていたのだ。スタッフに聞いて「Today at Apple」であることを知り、手に持っていたiPhoneでアップルのウェブサイトにアクセスして「Procreate」というグラフィックアプリを使ったプログラムを申し込んだ。

Apple新宿では、エントランスの真正面にある巨大なディスプレーを使った「Today at Apple」のプログラムも開催される
[画像のクリックで拡大表示]

 「Procreate」は、iPadでイラストを描くためにインストールしたものの、使い方がいまひとつ分からず困っていたアプリだった。身近に詳しい人がいれば簡単に教えてもらえるようなことでも、独学ではつまずいてしまうことがままある。このときはたった30分のプログラムだったが、アプリの基本は理解できた気がする。

 「Today at Apple」が無料だなんて、アップルの太っ腹なところが大好きだ。筆者は今回レポートしたプログラムに参加した週末、Apple銀座で開催された「GarageBandで音階やコードを学ぼう」「ストリートファッションを撮影しよう」というプログラムにも個人的に参加してしまった。

立ち見していた人もスタッフに声をかけられて、最終的に参加者は8人に。受講に必要な機材は貸してもらえる
[画像のクリックで拡大表示]