スマホはiPhone、パソコンはMac、仕事先にはiPadを持参し、移動中はAirPodsで音楽を聴いているけど「別にアップル好きじゃないです」と言い張るライター伊藤朝輝がつづるアップルライフ。今回は、Apple新宿で新色の手帳型ケースを買ったときのお話だ。

オープンしたてのApple新宿でケースを買いたい

(イラスト/伊藤朝輝)
[画像のクリックで拡大表示]

 4月7日にオープンした都内4店舗目のアップル直営店、Apple新宿に行ってきた。新たに発売された手帳型ケース「iPhone Xレザーフォリオ - (PRODUCT)RED」が欲しくなり、買うならApple新宿がいいと思ったからだ。「都内4店舗目」と書いたが、渋谷の店舗は2017年の11月から休業中なので、現在営業しているのは銀座、表参道、新宿の3店舗のみ。筆者にとっては初のApple新宿だ。

 Apple新宿の店舗は、新宿マルイ本館の1階にある。筆者はJR新宿駅に到着したので、新南口から地上に出て歩いてみたところ、約6分で到着した。新宿三丁目駅からなら改札を出て数十メートルだ。実は、新宿マルイ本館は地下鉄の新宿三丁目駅やJR新宿駅とも地下で連絡しているので、わざわざ地上に出なくても地下通路を通って行ける。

 店舗では、エントランスの真正面に、床から天井付近まである巨大なディスプレーを使って「Apple Pencilでスケッチを描こう」という無料のワークショップが開催されていた。ワークショップはどこのアップルストアでも見かけるが、外からも見えるというのがApple新宿の特徴だろう。

 一方、フロアに並んだテーブルの上には「iPhone」や「Mac」などの端末が置かれてあり、気軽に試せるようになっている。しかも、Apple新宿に置かれているiPhoneは盗難防止ケーブルが付いていないため、より自然なスタイルで試用できる。「外に持ち出された場合の対策は用意している」とスタッフ。そう聞いて筆者は「iPhoneを探す」を使うのかな? と勝手に納得してしまった。

Apple新宿は新宿マルイ本館の1階にある。エントランスの正面に立って初めてアップルマークを確認できた。道路側の外壁部分は全てガラス
[画像のクリックで拡大表示]
フロアのテーブルに置かれている端末は、盗難防止ケーブルが付いていないので、自然な持ち方で試用できる。テーブルはサポートや会計の場所としても使われる
[画像のクリックで拡大表示]