テレビCMや家電量販店、ショッピングモールなどの店頭で、グーグルの「Google Home」やLINEの「Clova WAVE」といったスマートスピーカー(AIスピーカーとも呼ばれる)を見る機会が増えてきた。アマゾンの「Echo」は招待制で販売中。さらに、ソニーやオンキヨー、JBLなどの他メーカーも、グーグルやアマゾンのサービスに対応した独自のスピーカーを販売している。

 この春に、1台買ってみようかなと思っている人もいるだろうが、短期間の間に製品の数が一気に増えて、把握しきれていない人も多いだろう。そこで今回は、そもそもスマートスピーカーとはどんな製品で、どの機器を買えば良いのかを紹介しよう。

グーグル、LINE、アマゾンのほか、ソニーやオンキヨー、JBLなどもスマートスピーカーを発売。この記事で紹介するものだけでも10機種もある
[画像のクリックで拡大表示]

【次ページからの内容】

○グーグル、アップル、LINEの製品に差はあるの?
〇音質で選ぶGoogleアシスタント対応スピーカー
・お試しに最適な「Google HOME」「Google HOME mini」
・防水かつポータブル「JBL LINK 10」「JBL LINK 20」
・高音質な防滴モデル ソニー「LF-S50G」
・棚に置くことを想定 オンキヨー「G3 VC-GX30」
〇LINEと連携する「Clova」は手ごろな価格の2モデル
・音声で家電をリモコン操作できる「Clova WAVE」
・デザインとLINE通話が魅力 LINE「Clova Friends」
〇アマゾンのサービスを使うなら「Alexa」対応モデル
・アマゾンから発売された標準モデル「Amazon Echo」
・AlexaとDTS Play-Fiの二刀流 オンキヨー「P3 VC-PX30」
〇スマートスピーカー入門、ずばりお薦めモデルは?