連載

この連載は、日経BPnet セカンドステージに「くるまのわざ」として連載していたものを再編集して掲載しました。記事の内容は、それぞれの記事の執筆時点の情報に基づいています。

 現在私が乗っているのは、1990年式のBMW320iCabriolet(E30)。バイクでは74年式と64年式のドカッティを持ってます(乗ってるとは言いにくい)。あとバラバラのヤマハTY125と(70年代名車)。編集部一旧車好きということで、自分の車を語りながら本企画の解説をやれとの話です。

 私の場合、持って生まれた性分なのか、旧車でもコンパクトな系統に惹かれます。アルピーヌA110とか(実物驚くほどコンパクト)、ロータスエランなど。日本だったらホンダS500とか。だからBMWでもE30までかな。とはいえシトロエンDSとか変なのも好きなんですけどね。

 E30はZFミッションこそ「当たり」でなんとかもってますが、ご多分に漏れずエアコンは去年お亡くなりになりました。まあ「60年代車と思えば」で走ってるものの、三角窓が欲しいかも。昔風の「真四角な車」感がもの凄く気に入っているこのE30とは、もう15年のお付き合い。ちょうどE30が83年に登場した頃、若かりし頃に好きだったこともあるし。

 カブリオレなんでボディーやわやわでコーナーでも踏ん張らずギシギシ言う上にもの凄く遅いんですが(せめて325だったら)、その分、グリップが良くない低騒音タイヤ履かせてバランス取ってます。そうそう、引っ越しのときは大活躍だった。もう軽トラ扱いで。屋根が開くってすばらしい(笑)。

 そんな風に誰しも「好きだった」「憧れていた」「乗ってた」車たちがあるはず。本企画では、そんな車たちを、自動車評論家のいのうえ・こーいち氏が語ります。美しい写真と楽しい解説でお楽しみください。

(文/増田建治=元nikkei BPnet編集長)

この連載のバックナンバー

PR

  • 日経トレンディ 最新号案内

    日経トレンディ
    2018年7月号