日経BPnet セカンドステージに「くるまのわざ」として連載していたものを再編集して掲載しました。初出は2008年12月18日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

注目された「スーパー・オートマチック」搭載車

スバル・ジャスティは1980年代半ばに登場した1.0〜1.2L級小型車。「軽」とレオーネの間を埋める「第三のスバル」だった
[画像のクリックで拡大表示]

 スバル・ジャスティはレオーネと軽自動車の間を埋めるべくスバルにとっての「第三のモデル」と称して発売された1.0〜1.2L級の小型サルーン。1984年の発売だが、注目すべきは1987年2月に送り出された「スーパー・オートマチック」搭載車である。それは新開発されたCVTのことなのだが、「スーパー・オートマチック」と呼んだりするのも、いかにもまだ一般に浸透していない、新しいメカニズムであったことを伺わせる。

 なにはともあれ、その注目すべき「スーパー・オートマチック」を紹介すると、基本的にはオランダ、バン・ドールネ社特許の2個のプーリーを用いたものだが、スバルならではの工夫も盛り込まれていた。つまり、ひと足早くCVTを実用化したDAF社の「バリオマチック」をはじめ後続の多くが2個のプーリー間を結ぶものとしてゴムベルトを使うのに対し、スバルはスチール・ベルトを開発。スチール・ベルトを使ったCVTとしては世界初のものとなった。