日経BPnet セカンドステージに「くるまのわざ」として連載していたものを再編集して掲載しました。初出は2008年10月9日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

若者の好みをダイレクトに反映した「ホンダZ」

ホンダZは1970年代前半の4年ほどの間、生産されただけなのだが、当時の若者をはじめとして、大きなインパクトを与えたものだ
[画像のクリックで拡大表示]

 かつてお馴染みだったクルマが、時に甦ることがある。たとえばフォード・マスタングのように懐かしさを伴うスタイリングを復活させたり、トヨタ・クラシックのようなレプリカといっていいモデルだったり。そんな中で、ホンダZは名前だけが復活した異色のモデルである。

 復活したホンダZ(1998〜2002年)は、初代のホンダZとはなんの脈絡も持たない、ちょっと背の高い「軽」というフォルムの中に、エンジン縦置きミドシップ4WDを実現したものであった。いうまでもなく、今回紹介するのは1970年代前半に、強いインパクトを残した初代ホンダZである。

 国産車にとって旧き佳きというべき1960年代の末、クルマ好きの憧れはスカイラインGT-Rにトヨタ2000GT、それにもうひとつ、フェアレディZがあった。ちょうど、オープン2シーターのフェアレディ(SP/SR)からファストバック・スタイルのクーペ、フェアレディZにチェンジしたばかりで、日本と北米で爆発的なヒットを見せていた。

 ホンダZは「軽」でありながら、フェアレディZのパロディのような雰囲気で登場してきた。基本的には、その当時のホンダ「軽」量産モデルのコンポーネンツを用い、それにボディをはじめとしてうまいアレンジメントを施したもの、である。そのスタイリング、装備類、ラインナップなどいかにも若者の好みをダイレクトに反映した印象で、大いにヒットしたものだ。