日経BPnet セカンドステージに「くるまのわざ」として連載していたものを再編集して掲載しました。初出は2006年11月23日です。記事の内容は、執筆時点の情報に基づいています。

「fun to drive」のトヨタが送り出した久々のスポーツ・モデル

コンパクトで締まった印象を与える初代トヨタMR2。直線的なスタイリングは好き嫌いあろうが、ライト感覚のスポーツを主張
[画像のクリックで拡大表示]

 歴史を振り返ってみると、得るべくして広く人気を得たクルマもあれば、意欲的なメカニズムを持ちながらも何故か注目を浴びることなく、時流に呑まれてしまったかのようなクルマがあったりする。もっともそれは生産販売において商業的に成功しなかったということだけで、見るべきものがない、ということではない。

 トヨタMR2というクルマは、ひょっとするともっとも理想に近い注目すべきスペックだったと思う。クルマの魅力の大きなひとつは、スポーツカーに代表される性能とドライビング・プレジャーの醍醐味であろう。重量配分の点で理想に近い「ミッドシップ・レイアウト」の採用はMR2の最大の特徴だった。そのモデル名のMR2も、ミッドシップ(M)ラナバウト(R)2シーターを意味するのだから。

エンジンルーム内にすっぽり収まるDOHCエンジンと走りのユニット。メインテナンス性が悪そうなのは、ミッドシップの宿命
[画像のクリックで拡大表示]

 MR2は、先にモーター・ショーでSV-3として飾られ、待望の中で1984年6月に発売された。待望の中で、というのはトヨタが送り出す久々のスポーツ・モデルであるということ、ショーでの注目度を反映して市販化に移すという、前出のトヨタ・ソアラの手法を繰り返したこと、もちろんその裏付けとして「ミッドシップ」という目新しいレイアウトが採用されていたことがある。

 この時代のトヨタは、「 fun to drive 」というキャッチを前面に押し出し、市場をリードしていこうという気配が強く感じられた時期で、こうした人気のジャンルに意欲作を投入した印象がある。