日経トレンディネットと新宿の「TSUTAYA BOOK APARTMENT」によるコラボレーションイベント「ビジネスの極意は漫画家に学べ」。TSUTAYA三軒茶屋店の書店員でありながら数々の作品を全国的ヒットに導いてきた“仕掛け番長”栗俣力也氏が人気漫画家を毎回TSUTAYA BOOK APARTMENTに招き、ビジネスやコンテンツづくりの極意を聞き出す企画だ。第3回のゲストは、「アフタヌーン」(講談社)で連載中の歴史アクションエンターテインメント漫画『イサック』の原作者・真刈信二氏。「17世紀のヨーロッパを舞台に、火縄銃を武器に日本人傭兵が戦う」という大胆なアイデアは、どうやって生まれたのか。

真刈信二氏(写真右)。1993年、「モーニング」に掲載された『オフィス北極星』(作画・中山昌亮)で漫画原作者デビュー。2013年より2015年まで「アフタヌーン」にて『スパイの家』(作画・雨松)を連載。『イサック』の最新巻は2018年3月に発売
[画像のクリックで拡大表示]

史実を下敷きに発想を膨らませる

TSUTAYA三軒茶屋店 栗俣力也氏(以下、栗俣): 真刈先生が原作を担当する『イサック』の主人公は「海外で活躍する侍」ですが、どうしてこのような題材を選んだのか、きっかけを教えてください。

 真刈信二氏(以下、真刈): 昔から中世の末期、宗教改革の時代に興味がありました。確か十代の頃に読んだ『東洋史と西洋史とのあいだ』(飯塚浩二著、岩波書店)という本に、銃についてかなり詳しい記述があるのですが、そのなかに「東洋起源の銃の方が、命中精度が高かった」という内容がありました。日本の銃はバネが良かったということらしいです。

 さらに、昔見たヨーロッパの地図で、ヨーロッパ各国のさまざまな兵士、竜騎兵や槍騎兵、歩兵などがずらりと描かれもののなかに、背丈よりも長い銃を持った、日本人のマスケティア、銃士というのが1人だけ出てきたんです。だぶだぶの服を着て、パッと見は日本人に見えないのですが、「マスケティアジャポン」か「ジャポネ」と書いてあった。それがずっと記憶に残っていました。あるとき本を読んでいたら、徳川時代の初期に日本人がヨーロッパに向かっていったという話が出てきて。ヨーロッパにも日本人の裁判記録などが残っていて、ちゃんと日本人と書かれているんですよ。スペイン経由で行った人間もいれば、バタヴィア経由、オランダ経由の人間もいるようでした。

 とはいえ、実際に海外で戦った日本人がいたかどうかは分かりません。文献で確認したこともありません。でも、これほどたくさんの日本人がヨーロッパに向かっていったのなら、1人や2人くらい戦った日本人がいても不思議ではないと思います。そういう史実を下敷きにして、「最高の火縄銃を持って2人の日本人がヨーロッパに行く」というのはフィクションとしては成り立つだろうと。まったくの荒唐無稽ではないだろうと考えました。

『イサック』3巻(2018年3月発売)。2つの勢力に別れ、後に三十年戦争と呼ばれる激しい戦いの最中にあった17世紀の神聖ローマ帝国。そこに傭兵として現れたのは「イサック」と名乗る日本人の男だった。原作は真刈信二氏、作画はDOUBLE-S氏が担当
[画像のクリックで拡大表示]