日経トレンディネットと新宿の「TSUTAYA BOOK APARTMENT」によるコラボレーションイベント「ビジネスの極意は漫画家に学べ」。TSUTAYA三軒茶屋店の書店員でありながら数々の作品を全国的ヒットに導いてきた“仕掛け番長”栗俣力也氏が人気漫画家を毎回TSUTAYA BOOK APARTMENTに招き、ビジネスやコンテンツづくりの極意を聞き出す企画だ。第2回のゲストは、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で2015年11月から2017年8月まで連載され、話題を読んだSF漫画『AIの遺電子(アイのいでんし)』の作者・山田胡瓜氏が考える、AIとビジネスの共存とは?

山田胡瓜氏(写真右)。プロフ入る
[画像のクリックで拡大表示]

TSUTAYA三軒茶屋店 栗俣力也氏(以下、栗俣): 今回、改めてコミックの装丁を見ましたが、素敵ですね。個人的には特に1巻と8巻が好きです。

山田胡瓜氏(以下、山田): 女性がもう少し手に取りやすい表紙でもよかったかもしれないとも思いました。SFは女性は手に取りづらいという印象があると思いますが、SFであることを意識せずに楽しく読める内容を意識していたので。この表紙、個人的には好きなんですけどね。

栗俣: 読む人によって読み方が変わる漫画ですよね。深く読み取ろうとするとすごく深くなるし、SFに詳しくない人でもヒューマンドラマとして感動できるという点が面白いと思います。

山田: ありがとうございます。

栗俣: なぜこのテーマで漫画を描こうと思ったのでしょうか。

『AIの遺電子』の舞台は人間、ヒューマノイド、ロボットが存在する近未来。ヒューマノイドを治療する人間の医者を主人公に、人間とヒューマノイドの考え方の違いによって起きる問題をヒューマンタッチで描いたオムニバス漫画。全8巻
[画像のクリックで拡大表示]

山田氏: 率直に言ってしまうと、ネームが通ったから(笑)。別にAI(人工知能)が描きたくて漫画家になったわけではなく、描いている漫画の1つにこのテーマがあって、編集長のオーケーが出たというわけです。だから、もしかすると全然違う漫画を描いていた可能性もあります。

 AIをテーマにした漫画を思い付いたきっかけは、デジタル系の媒体で記者をやっていた経験から。モバイル系の記事を長い間担当していましたが、次第にAIとかディープラーニングといった言葉を聞くようになりました。取材を通してバーチャルリアリティーやAR(拡張現実)のようなものが世の中を変えることもあるのではと思うようになりました。かけているだけで何かの詳しい情報が見えてしまうメガネや、街を歩いているだけでもいろいろな情報がオーバーレイされて見ることができるのかもしれない。SiriやAlexaのようなものは、当時まだそんなに出ていなかったですが、いつかそういう世界が来るだろうと考えていました。そう思うと、SFの世界って日常だと思ったんです。

 公安の人がサイバーな世界を駆け回るというのはフィクションだけれど、Alexaに向かってしゃべりかけるのはフィクションではない。だから、日常にSFというかAIや未来のテクノロジーがあるということを漫画で描くと、いつかは時代とシンクロするだろうし、いろいろな人の共感を得られるのではないかと思いました。