日経トレンディネットと新宿の「TSUTAYA BOOK APARTMENT」によるコラボレーションイベント「ビジネスの極意は漫画家に学べ」。TSUTAYA三軒茶屋店の書店員でありながら数々の作品を全国的ヒットに導いてきた“仕掛け番長”栗俣力也氏が人気漫画家を毎回TSUTAYA BOOK APARTMENTに招き、ビジネスやコンテンツ作りの極意を聞き出す企画だ。第1回(2月7日)のゲストは“30秒で泣ける漫画”として大ブレークした『男ってやつは』や、ビジネスパーソンを中心に人気を集めている『今どきの若いモンは』など、ツイッター上で短編漫画を次々にヒットさせている吉谷光平氏。イベントを前に、吉谷氏にコンテンツ作りの極意を聞いた。

左がTSUTAYAの“仕掛け番長”栗俣力也氏、右が漫画家の吉谷光平氏
[画像のクリックで拡大表示]
『男ってやつは』(画像提供:吉谷光平氏)
[画像のクリックで拡大表示]
『男ってやつは』(画像提供:吉谷光平氏)
[画像のクリックで拡大表示]

栗俣: 吉谷さんは『女ってやつは』『男ってやつは』『今どきの若いモンは』など、ツイッター上に漫画をアップしては次々にヒットさせていますが、『女ってやつは』『男ってやつは』はどういう発想で生まれたんでしょうか。

吉谷: 「自分がこうなれればいいなあ」と思ったのがきっかけですかね。結婚して、子供ができて、幸せな家庭を築いて、奥さんより先に死ぬ、という。

栗俣: たしかに! でも私としては『女ってやつは』のほうが響いたんですよ。本当に男の理想って感じですよね。

吉谷: いえ、『男ってやつは』は私の理想ですが、『女ってやつは』は私の実体験ではありませんし、こうなりたいわけでもないです。女の子の幼なじみもいませんし(笑)。

『女ってやつは』(画像提供:吉谷光平氏)
[画像のクリックで拡大表示]
『女ってやつは』(画像提供:吉谷光平氏)
[画像のクリックで拡大表示]

栗俣: 意外ですね。しかし、ツイッターという狭い空間で、しかもわずか2ページでここまで心がつかまれるのってすごい。

 吉谷さんの漫画で最初に読んだのが『ナナメにナナミちゃん』だったんですが、これも短いなかにテーマが詰まっていて、心をつかまれました。私は書店で長年漫画を担当していますが、そういう漫画はこれまでそんなになかったんです。今、漫画界では“日常モノ”がはやっていますが、読んだあとに何も得るものがないまま終わるものが多くて。

吉谷: それが日常モノの良さだとも思いますよ。

栗俣: 私は1983年生まれなんですが、われわれの世代が経験した漫画黄金期の漫画はいくら短いものでも得るものがあったんです。しっかりしたメッセージがあって、それが感じられる楽しさが。吉谷さんの漫画はそのころの漫画にハマった世代がすごく引かれる漫画だと思うんですよ。だから、ツイッター上で『女ってやつは』が出てきたときに、「これは来るぞ!」と思いました。だって、この2ページの中に男の理想が詰まってるんですよ! そう思っていたら、今度は『男ってやつは』という、人生を2ページで表す漫画が出てきて。

 今は短い漫画をツイッター上でポンポン発信してバズらせようという動きが目立つのですが、これが出た2016年はそういう動きはそれほどなかったんですよね。

吉谷: 実は当時、『悪魔のメムメムちゃん』を描いている四谷さんや『八十亀ちゃんかんさつにっき』を描いている安藤くんと「ツイッターに漫画を描こう!」とゲーム感覚で競っていた時期がありました。一人だけで続けるのはなかなか難しかったかもしれません。ツイッターにアップしたのは読者の反応が早くて漫画ファン以外にも拡散できることが大きいですね。お金がもらえるわけではないですが(笑)。

栗俣: そうだったんですね! ツイッターだと面白ければすぐにリツイートされますからね。『女ってやつは』『男ってやつは』もアップした瞬間にすごい勢いでリツイートされていたのを覚えています。

吉谷: 予想以上で怖いくらいでしたね。